リーガ 移籍

レアル、ファビアン・ルイスと会う!

ファビアン・ルイス 写真提供: Gettyimages

 レアル・マドリードがナポリのスペイン代表MFファビアン・ルイスと会談していたようだ。5日、米メディア『ESPN』が伝えている。

 2018年夏の移籍市場でレアル・ベティスからナポリに加入したファビアン・ルイス。抜群のポジショニングセンスを武器に、カルロ・アンチェロッティ監督の下で在感を放っている。そんな中、今回の報道によると以前から関心を寄せていたマドリードが同選手と会っていたようだ。

 なお、ファビアンに関心を寄せているのはマドリードの他にもバルセロナやマンチェスター・シティなどが関心を寄せている。

 しかし、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は「1億8000万ユーロ(約217億円)以上のオファーなら交渉を始める」と話しており、ファビアン・ルイスの売却には応じない姿勢を見せているが、果たしてマドリードは同選手を獲得出来るだろうか。