その他

ウイイレ2020は2019とここが違う!進化した5つのポイント

写真提供: konami.com

いよいよ発売日の9月12日まで、残すところ3日となった「ウイニングイレブン2020」。前作「ウイニングイレブン2019」からどれほどパワーアップしているのだろうか。

今回はウイニングイレブンの最新作と前作を比較し、特にゲーム性を進化させるであろう5つのポイントをご紹介する。


写真提供:konami.com

マスターリーグ

「ウイイレ2020」が目玉の1つとしてアピールしているのが、オフライン専用モードのマスターリーグだ。アレックス・ファーガソ氏やアーセン・ベンゲル氏のようにクラブの全権監督となり、チームを発展させていく人気モードの1つとなっている。

今作ではヨハン・クライフ氏やディエゴ・マラドーナ氏など、実在するレジェンドたちを監督として使えるようになった。また、クラブ内で起きる様々なドラマをイベント化し、よりリアルなクラブ運営に没入できるという。

そして、交渉など勝敗によりシナリオが分岐。様々な自分だけのストーリーを楽しめるようになっている。また、移籍市場でも現実世界の年俸などをもとに移籍金が設定され、より現実に近い交渉が体感できるようだ。


写真提供:Gettyimages

代表選手FP

前作から人気モードmyclubに実装されたFP(フィーチャード・プレーヤー)。リーグ戦の行われた週に活躍した選手が、通常よりもパワーアップして登場し、myclubの様相を一変させた。

ただ、ウイニングイレブンの弱点でもあるライセンス問題により、搭載されていないクラブのFP選手が登場しないというジレンマがあったのも事実だ。

しかし、今作からは代表戦で活躍した選手もFPとして登場するようだ。今作はEURO(欧州選手権)と独占パートナーシップを締結しており、同大会で活躍した選手が登場するのではないかと噂されている。


Previous
ページ 1 / 2