プレミアリーグ リバプール

UEFA最優秀選手賞のファン・ダイク。あまり知られていない4つのこと

写真提供: Gettyimages

アルゼンチン代表FWリオネル・メッシやポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを抑え、UEFA最優秀選手賞に輝いたリバプールのオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク。DF史上初となる快挙を成し遂げた。

2018年にリバプールに加入したファン・ダイクは観る者に鮮烈な印象を残し続けている。クラブのタイトル獲得にも大きく貢献している。

今回はそんなファン・ダイクのあまり知られていない4つのことをご紹介する。


写真提供:Gettyimages

死にかけた過去

2011年にフローニンゲンでデビューし、評価を高めてセルティックに移籍したファン・ダイク。順調にステップアップを果たしていたかに見えたが、思わぬ出来事にファン・ダイクは襲われた。

ファン・ダイクを襲ったのは虫垂炎(盲腸)。これが悪化し、腹膜炎と腎炎も併せて発症していた。病が発覚した際には、致命的な状況にまで進行していたという。

なんとか病を乗り越えたファン・ダイクだが、チームに戻った時には別人のようにやせ細っていたようだ。


写真提供:Gettyimages

レストランの洗い場担当

UEFA最優秀選手賞に輝いたファン・ダイクにも下積み時代はあった。当時16歳のプロを目指す少年だったファン・ダイクは、レストランの洗い場で働いていたようだ。

レストランのオーナー、ジャック・リップス氏はファン・ダイクに、夢を諦めレストランで働く時間を増やすようにアドバイスを送っていたようだ。


Previous
ページ 1 / 2