リーガ バルセロナ

メッシ離脱バルセロナ。輝きを取りもどすためにすべき3つのこと

写真提供: Gettyimages

今夏の移籍市場でアントワーヌ・グリーズマンを獲得し、国内での立場をより一層強固なものにするかに見えた。しかし、開幕節のアスレティック・ビルバオ戦に敗れ、不穏な空気が流れている。

大黒柱のリオネル・メッシが離脱し、期待のグリーズマンもチームにフィットしきれていない。加えてウスマン・デンベレも5週間の離脱が発表されるなど、まさに泣きっ面に蜂だ。

『Sportskeeda』はバルセロナが再び輝きを取り戻すためにしなければいけない3つのことを特集した。今回はそれをご紹介する。


写真提供:Gettyimages

バルベルデ解任

かつてのバルセロナを取り戻す1つ目のステップがエルネスト・バルベルデ監督の解任だ。彼は非常に注意深い監督だが、マネージメント面に問題を抱えている。

直近2シーズンはバルセロナをリーグ優勝に導いたバルベルデ監督だが、欧州カップ戦でのパフォーマンスである可能性がは低かった。2シーズン前のローマ戦の3-0敗戦はまぐれのように見えなくもないが、昨シーズンのアン・フィールドでの失態は、彼が高いプレッシャー下で苦労していることの証明となった。

試合に負けることと、リードしたのちに負けることは全くの別物だ。バルベルデ監督の下でのバルセロナは意欲的ではないという事実が、彼の適正に疑問を投げかけている。


Previous
ページ 1 / 2