リーグアン リヨン

『ここ10年で、リヨンが放出した選手のベストイレブンが強すぎた』

毎年のように有望な若手選手をビッグクラブに輩出しているオリンピック・リヨン。選手のスカウティングと育成能力に関しては欧州随一と言えるだろう。今夏もフランス代表DFフェルランド・メンディがリヨンからレアル・マドリードへ、フランス代表MFタンギ・エンドンベレがトッテナム・ホットスパーへと羽ばたいた。そこで今回は、ここ10年でリヨンから移籍した選手でベストイレブンを作成。名選手の数々に、リヨンの育成能力の高さがうかがえることだろう。


GK:ウーゴ・ロリス

現所属:トッテナム・ホットスパー

ロリスは2012年にリヨンからトッテナムに加入した。ニースで活躍を見せていたロリスにはリヨン以外にもミランやトッテナムが興味を示していたが、レギュラーの確約などもありリヨン移籍が決まった。

移籍以降は期待通りの活躍を見せ、2008/2009シーズンは27失点16クリーンシートと数字面でも満足な成績を残した。この年のリーグ最優秀GK賞とリーグ最優秀選手賞にノミネートされている。


RSB:二コラ・ヌクル

現所属:トリノ

リヨンは左サイドバックを多数輩出してきたが、右サイドバックは比較的良い人材に恵まれていないのが現状だ。そこで、本職はCBであるヌクルを右サイドバックとしてこのリストに加えた。

ヌクルは2016年にマルセイユからリヨンに加入。しかし、ムクタル・ディアカビとのポジション争いに敗れ、2シーズンでリーグ戦13試合の出場にとどまった。それでも2017年にトリノへ移籍すると狩猟として活躍を見せている。


CB:デヤン・ロブレン

現所属:リバプール

ロブレンはディナモ・ザグレブから2010年にリヨンに加入した。1シーズン目こそ出場機会は少なかったが、2シーズン目以降はそれを増やし、クリスやパブ・ディアカテらとともに最終ラインからチームを支えた。サイドバックとして起用されることもあったが、その試みは失敗に終わっている。

2013年にサウサンプトンに引き抜かれたロブレンはプレミアリーグにも抵抗できることを証明。1年後にリバプールに引き抜かれ、リバプールではチャンピオンズリーグ(CL)優勝など、多くを勝ち取っている。


CB:サミュエル・ユムティティ

現所属:バルセロナ

リヨン下部組織出身のユムティティは2011年にトップチームに昇格。ロブレンの後釜として最終ラインからチームを支える存在となった。5シーズンに渡ってディフェンス陣の中心としてリヨンで活躍を続けた。

リヨンで実績を残したユムティティは引き抜かれる形で2016年にバルセロナに加入。貴重な左利きのCBとして重宝された。しかし、負傷の影響や同じ左利きのクレモン・ラングレといったライバルの加入により、スタメン争いは苛烈を極めている。


LSB:フェルランド・メンディ

現所属:レアル・マドリード

2017年にル・アーブルからリヨンに移籍したメンディはすぐさまそのポテンシャルを見せつけた。身体能力の高さが可能にする高い攻撃能力だけでなく、高精度なクロスでリヨンの大きな武器となった。

そのメンディは今夏の移籍市場でマドリードへ移籍。31歳となったブラジル代表DFマルセロの後釜としては十分すぎる人材だ。


Previous
ページ 1 / 2