リーガ バルセロナ

バルサ、あの選手を犠牲にしてネイマールとグリーズマンを両獲り?

グリーズマン(左)とネイマール(右)写真提供:GettyImages

 バルセロナはアトレティコ・マドリードのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンとパリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールの両獲りに動く可能性があるようだ。2日、スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じている。

 かねてからグリーズマンへの関心が報じられているバルセロナ。最も有力な移籍先候補の1つとみられている。

 しかし、バルセロナが獲得を狙う大物選手はグリーズマンだけではないようだ。2017年にPSGへ移籍したネイマールを、再び呼び戻す可能性があると『ムンド・デポルティーボ』は主張している。

 ただ、この両選手の獲得に動いた場合、莫大な資金が必要となるだろう。この問題に対してバルセロナは、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョを売却することで、獲得資金の足しにすることを計画しているようだ。

 実現すれば、今夏最大のビッグディールになりかねない今回の報道。バルセロナの動向に注目が集まる。