リーガ バルセロナ

バルサ、選手売却で総額366億円調達計画が浮上

バルセロナ  写真提供:Getty Images

 バルセロナが今年の夏に選手を売却し、総額2億5000万ポンドを得る計画が進んでいるようだ。米メディア『ESPN』が伝えている。

 同メディアによると、バルセロナはフィリッペ・コウチーニョとサミュエル・ユムティティ、イバン・ラキティッチを売却する準備を進めているよう。

 また、その売却資金は今年の夏の移籍市場で噂されているアヤックスのマタイス・デ・リフトやフランクフルトのルカ・ヨビッチの獲得資金に費やす考えのようだ。

 なお、現在レンタル中のアンドレ・ゴメスとデニス・スアレスをレンタル先のクラブへ売却する可能性もあるよう。さらにラフィーニャとヤスパー・シレッセンも売却候補の中に含まれているようだ。

 果たして、今年の夏はバルセロナにとって入れ替わりが激しい移籍市場になるのだろうか。