プレミアリーグ エバートン

PSG、ラビオの後釜にエバートンMF獲得へ!すでに個人合意か?

 パリ・サンジェルマンがエバートンのセネガル代表MFイドリッサ・ゲイェの獲得に動いているようだ。フランス紙『TeleFoot』が伝えている。

 PSGは昨シーズンで元イタリア代表MFチアゴ・モッタが引退。今シーズン限りで契約が切れるフランス代表MFアドリアン・ラビオがチームを離れることが確定路線になっていることから、守備的MFの補強が急務となっている。

 そんなPSGはターゲットをゲイェにロックオンしたようだ。

 同紙によると、PSGはゲイェと条件面で大筋合意に至っているよう。しかし、エバートンはチームの主力であるセネガル代表MFの放出に前向きではなく、交渉は難航。PSGは最大で3500万ユーロ(約43億円)での獲得を目指しているようだが、エバートンは4500万ユーロ(約56億円)を要求したよう。

 果たして、PSGはゲイェを獲得することが出来るのだろうか。