ALL

FIFA、レンタル放出選手の上限設定へ…原因はチェルシーにあり?

FIFA会長ジャンニ・インファンティーノ氏 写真提供:Getty Images

 FIFA(国際サッカー連盟)がレンタル移籍で他クラブに放出する選手の数に上限を設定することを検討しているようだ。英メディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 同紙によるとレンタル移籍で放出できる選手数が8名以下に制限される可能性が浮上しているようだ。また、原因はチェルシーにあるようだ。現在チェルシーはU-23のチームも含め40名の選手をレンタルで放出中。多くは期待の若手を武者修行させ、試合経験を積ませるのが狙いだ。しかし、チェルシーに復帰する選手は多くなくレンタル移籍を繰り返す選手が後を絶たない。

 もちろん、チェルシーだけでなくその他のクラブでもこのようなレンタル移籍の使い方が行われているが、サッカー界の中で賛否両論があるのも事実。現段階では協議中とのことだが、レンタル移籍の上限が設定されることになれば各クラブの補強戦略に大きな影響が及ぶだろう。