ワールドカップ

【TRIBE RATINGS】W杯グループステージ ドイツ対スウェーデン:スウェーデン編

大会:ロシアワールドカップ
カード:ドイツ対スウェーデン
対象チーム:スウェーデン
スコア:2-1
担当者:菊池大将(@yukkenokonoko
※最高点を10、最低点を1として採点。標準的な活躍を6とする。
※出場時間が短い選手は採点なし。


ロビン・オルセン

採点:6.5

ラッキーな面もあるが、再三にわたって好セーブを披露。1失点目、2失点目ともに致し方ない部分が大きい。


ミカエル・ルスティグ

採点:6.0

ドイツがマリオ・ゴメスを投入し、圧力を高めるまでは順調にプレー。しかし、ティモ・ベルナーがサイドに流れてきてからは対応に苦戦した。


ビクトル・リンデロフ

採点:6.5

ドイツの猛攻に高い集中力で対処。体を張ったシュートブロックでチームを助けた。


アンドレアス・グランクビスト

採点:7.0

クロスへの出足の良さや、インターセプトでチームを支えた。失点を記録してはいるが、致し方ないだろう。


ルドビク・アウグスティンソン

採点:6.0

高い集中力と、機を見た攻撃参加で攻守に貢献。後半はロイスとミュラーの位置関係に苦しんだが善処したと言えるだろう。


ビクトル・クラエソン

採点:6.5

献身的なディフェンスとカウンター時の走力で先制点に繋がるクロスを供給。運動量でチームに貢献した。


セバスティアン・ラーション

採点:6.0

カウンター時の正確なキックや、守備時のディフェンスラインとの好連携を披露。しかし、ギュンドアンの投入などで揺さぶられ、後半は苦しい時間が続いた。


アルビン・エクダル

採点:5.5

ラーションと共にDFラインとタイトな関係を維持して前半を無失点にしのいだ。後半はラーション同様揺さぶりに耐えきることができなかった。


エミル・フォルスベリ

採点:6.5

彼のドリブルはスウェーデンのカウンターに必要不可欠だった。守備のパフォーマンスも良く、ボール奪取に繋がるプレーを見せた。


オラ・トイボネン

採点:7.0

彼の先制点でスウェーデンは大きな勇気を持って試合を進めることができた。負けはしたが、称賛に値するだろう。


マルクス・ベリ

採点:6.5

終始ディフェンスをし続けるというアタッカーにとっては精神的に厳しい試合だったが、心を折ることなく最後まで守り続けた。