ワールドカップ

【TRIBE RATINGS】W杯グループステージ ドイツ対スウェーデン:ドイツ編

大会:ロシアワールドカップ
カード:ドイツ対スウェーデン
対象チーム:ドイツ
スコア:2-1
担当者:ペペ土屋( @PPDOLPHINS
※最高点を10、最低点を1として採点。標準的な活躍を6とする。
※出場時間が短い選手は採点なし。


マヌエル・ノイアー

採点:6.0

失点シーンは少しアンラッキーだった部分はある。ディフェンスラインの裏に広がる広大なスペースを、持ち前の運動能力と足下の技術の高さでカバーした。


ヨシュア・キミッヒ

採点:7.0

右サイドバックとして出場したものの、セントラルミッドフィールダーの位置に入ってビルドアップを助けたり、ウィングの位置で攻撃に幅をもたらし、多くのクロスを供給した。


ジェローム・ボアテング

採点:5.0

ドイツを窮地に陥れかねない愚かなファウルで退場に。PKをとられるべきチャレンジもあった。しかしそれ以外の場面では、負けている時間帯には自らボールを運んで、右サイドで数的有利を創り出し、効果的なパスで攻撃を組み立てた。


アントニオ・リュディガー

採点:5.5

試合序盤に失点につながりかねないボールロストがあった。前に出るボアテングとバランスをとる形で、最後尾に残ることが多かった。失点シーンでは最後まで身体を投げ出して対応も一歩及ばず。


ヨナス・ヘクター

採点:7.0

左サイドバックで先発し、ゴール前まで走り込んでシュートを放つなど、ウィンガーのようなプレーを見せた。守備面ではスウェーデンのビッグチャンスをブロックするなど、前後半通じて活躍した選手のひとり。


セバスティアン・ルディ

採点:6.0

先発に抜擢されたものの、非常にアンラッキーな負傷で前半途中でピッチを退いた。クロースのとなりでバランスをとり、好守に安定感をもたらした。


トニ・クロース

採点:6.5

劇的な決勝点を決めたのは彼だ。これはドイツを窮地から救う、正に値千金のゴール。8.0の評価を受けてもおかしくない仕事をしたが、その一方で先制点を許した場面は彼のミスであり、もうひとつ重大なパスミスをしている。後半アディショナルタイムまで彼らしくなかったことは事実だ。


マルコ・ロイス

採点:7.5

ドイツに勢いをもたらす同点弾を記録。初戦のメキシコ戦でも彼が入ってから流れが変わったように、このチームの攻撃に彼の存在は必要不可欠だ。ミュラーとの相性が抜群で2人でお互いにスペース作って、そこを活用していた。


トーマス・ミュラー

採点:6.5

ドイツの攻撃を引っ張るベテランは、この試合でも巧みなポジショニングで攻撃を停滞させなかった。中央でプレーする方が彼の良さが生きるのは明白。次節もここで使われるだろう。


ユリアン・ドラクスラー

採点:5.5

足下でボールを扱う場面よりも、空中戦で争うシーンの方が印象に残った。彼自身は決して悪くなかったが、センターフォワードのベルナーとの連携があまり良くなく、レーブ監督はベルナーではなく、彼を切る選択をした。


ティモ・ベルナー

採点:6.0

価値あるアシストで同点弾を演出。後半に左サイドに流れるようになってから、彼の良さである突破力が活かされた。センターフォワードで出場した前半は、自陣深くに引くスウェーデンを相手に、プレーする空間を作り出すことができなかった。


イルカイ・ギュンドアン

採点:5.5

彼が入ってすぐに失点。もちろん彼の責任ではないが、ルディと彼が交代したことでバランスが崩れたのは事実。効果的なパスを送ることも少なく、先発の座を射止めるほどのアピールはできなかった。


マリオ・ゴメス

採点:6.5

後半開始から出場し、同点弾の場面ではニアで潰れてロイスのゴールをお膳立てした。彼が中央に入ったことでスウェーデンディフェンスのクロスボールへの対応を困難にした。