代表チーム アルゼンチン代表

アルゼンチン監督、自身の責任を強調「すべて私の責任だ」

ホルヘ・サンパオリ 写真提供:Getty Images

 ホルヘ・サンパオリ監督は、クロアチア戦の敗戦の責任は自分にあると強調している。21日、ESPN』が伝えた。

 ロシア・ワールドカップは21日にグループD第2節が行われ、アルゼンチンはクロアチアに0-3で敗戦した。勝利が必須だったが、グループ最大のライバルに完敗を喫している。

 サンパオリ監督は、責任は全て自分のものだと強調している。

「私は決定を下す責任がある。今日の敗戦は、すべて私の責任だ。希望を持って臨んだが、この負けに苦痛を感じている。確かに、試合を読むことができなかった」

「メッシはうまくいっていない。チームが彼に合っていないからだ。それを実現しなければならないし、解決策を見つける必要がある」