アルゼンチン代表 ワールドカップ

メッシら主力数名がロシアW杯終了後にアルゼンチン代表引退の可能性

アルゼンチン代表のリオネル・メッシ 写真提供:GettyImages

 バルセロナのFWリオネル・メッシをはじめとする現在のアルゼンチン代表主力組の複数選手がワールドカップ・ロシア大会後に揃って代表引退を決断する可能性があるようだ。22日、アルゼンチンの地元メディア『Pasion monumental.com』が報じている。

 アルゼンチン代表はアイスランド戦、そしてクロアチア戦を終えてわずか勝ち点1しか獲得しておらず、予選敗退の可能性が高まっている。また同国代表率いるホルヘ・サンパオリ監督の選手起用法を含めた采配を巡っては、以前からサポーターやメディアが厳しい目線を向けており、さらにクロアチア戦後にはマンチェスター・シティのFWセルヒオ・アグエロが同監督への不満ともとれるコメントを残していた。

 そのアルゼンチン代表でロシアW杯後に代表引退の可能性が持ちあがっている選手としてメッシのほかに、ユベントスのFWゴンサロ・イグアイン、パリ・サンジェルマンのMFアンヘル・ディ・マリア、ミランのMFルーカス・ビリア、セビージャのMFエベル・バネガ、そしてアグエロの名前が挙がっているようだ。

 なおメッシはロシアW杯開幕前に、代表引退の時期について今大会の結果次第という見解をすでに示している。チーム内での“空中分解”も起こっていると伝えられるなど不穏な空気が流れていることは確かだ。