全選手

最もチャンスを演出しているのは誰だ。欧州五大リーグアシストランクトップ10

サッカーで最も注目されるものといえばやはりゴールだろう。しかし、多くのゴールは他の選手によるアシストによって生まれている。そこで今回は欧州五大リーグアシストランキングトップ10をご紹介する。

1位:フィリップ・マックス

所属クラブ:アウフスブルク
アシスト数:10

1位にランクインしたのはアウフスブルクのフィリップ・マックス。左サイドバックながら10アシストを記録している。この選手は今後が楽しみな選手だ。

7位:アントニオ・カンドレーバ

所属クラブ:インテル
アシスト数:8

2016年からインテルに移籍。今季は8アシストを記録し、インテルの躍進を支えている。

7位:ダビド・シルバ

所属クラブ:マンチェスター・シティ
アシスト数:8

なんとマンチェスター・シティからは3人が8アシストでランクインした。プレミアリーグを独走するのも納得の記録だ。

7位:ケビン・デ・ブライネ

所属クラブ:マンチェスター・シティ
アシスト数:8

今季のケビン・デ・ブライネは規格外の選手になった。ペップ体制2年目を迎え、シティの大躍進を支えている。このままプレミアリーグのアシスト王になってほしい。

7位:リロイ・サネ

所属クラブ:マンチェスター・シティ
アシスト数:8

サネがアシスト数8でランクイン。今季はそのクールなプレースタイルでゴールとアシストを量産している。

7位:ネイマール

所属クラブ:パリ・サンジェルマン
アシスト数:8

史上最高額の移籍金でパリ・サンジェルマンに移籍したネイマールが、早速アシスト数でもリーグトップの輝きを見せている。不仲説が浮上しているカバーニへのアシストが多いのも面白い。

7位:ピオネ・シスト

所属クラブ:セルタ
アシスト数:8

ピオネ・シストはセルタに所属するデンマーク人FWだ。夢はメッシとプレーすることだと言う。

9位:フロリアン・トヴァン

所属クラブ:マルセイユ
アシスト数:7

マルセイユのフロリアン・トヴァンが7アシストでランクイン。この選手はゴールも8得点決めており、4位のマルセイユを支えている。

9位:キリアン・ムバッペ

所属クラブ:パリ・サンジェルマン
アシスト数:7

ここに18歳ムバッペがランクインするのが恐ろしい。今季ネイマールと共にパリ・サンジェルマンに移籍し、堂々たる活躍を見せている。

10位:アーロン・ラムジー

所属クラブ:アーセナル
アシスト数:6

10位はアーセナルのアーロン・ラムジーだ。以前の輝きを少しずつではあるが、取り戻してきた同選手。今季の残り試合の活躍に期待したい。