【トリム杯】奔放なアタッカーからバランスを取るフィクソへ転身 愛知選抜FP小林心「ラストパスが好きなので、後ろも楽しい」

FutsalX

2016年8月15日にオープンしたフットサル専門サイト。日本代表・Fリーグ・女子・海外情報など、カテゴリ問わずフットサル情報を発信している。 http://futsalx.com

[3.15 トリムカップC組第1節 宮城 1-5 愛知 べっぷアリーナ]
トリムカップは15日に開幕し、グループCの第1節で愛知県選抜と宮城県選抜が対戦し、5-1で愛知県選抜が勝利した。

この試合、愛知県選抜の一員として先発出場したFP小林心は、シュートゼロに終わっている。前所属の福井丸岡ラックでは奔放なアタッカーとして、存在感を示していたが、愛知県選抜や所属するベップでは、フィクソとしてチームのバランスをとっている。本人は「苦手」という守備でも、長いリーチや球際の強さで相手からボールを奪い取る。

慣れ親しんだチームを離れて1年、シーズン最後の公式大会に臨んでいる小林に、意気込みを聞いた。

以下、宮城県選抜戦後のFP小林心のコメント
――愛知県選抜で出場するのは初めてですよね?
小林 初めてです。

――これまで全国大会には丸岡ラックや福井県選抜で出ることが多かったですが、今年はベップや愛知県選抜で出場していかがですか?
小林 福井県選抜も丸岡ラックが中心でしたが、その時とは違って、同じチームの子でもいつもセットを組まない子とやっているので、合わせるのも難しい部分もあります。でも、その子のプレーを生かしてあげたいとか考えながらできるので、楽しくやれています。

――そういう新しいチャレンジが好きなんですか?
小林 そうですね。いろいろやっていきたいなと思っています。

――初戦は5-1でした。この結果はいかがですか?
小林 初めに点を取れたので、そこを乗れたかなと思います。でも、あの1失点はいらなかったですね(笑)。

――明日は埼玉県選抜との対戦で、それが決勝ラウンド進出に向けて大事になりそうです。さいたまサイコロが中心のチームですが、どんな印象ですか?
小林 サイコロとは練習試合で一度やらせてもらっていますが、結構、サイコロですよね。

――はい。結構、サイコロです。
小林 この前の女子日本リーグからも、流れに乗ってきているので、調子が良いのではないかと思います。

――今日も筏井選手はキレていましたよ。
小林 ですよね? あの人、めちゃくちゃうまいですもん。でも、その流れを止められるように、ディフェンスで体を張って筏井さんを止めます(笑)!

――今はフィクソをやっていますものね!
小林 ケチョンケチョンにされるかもしらん(笑)。

――丸岡の時とは、まったくプレーが変わりましたよね。
小林 まず後ろにいることがありませんでしたからね。後ろにいたらダメでしたから。私は。

――どっちが好きですか?
小林 最近は、結構、スルーパスとかラストパスが好きなので、後ろも楽しいです。でも、ディフェンスが課題ですね。

――個人的には、以前、女子日本代表の候補にも選ばれたと思いますが、そこはどうですか?
小林 昔に一度だけですね。丸岡ラックの時に比べると、大学で国家試験もあったんで……。

――頭いいんですね。
小林 うーん(笑)。っていう感じですけど。大学で勉強に力を入れていたのですが、就職も決まりましたし、また頑張りたいと思います。でも、代表というよりは、チームで頑張りたいなと思います。

――就職先の会社はフットサルをやることにも理解してくれているのでしょうか?
小林 はい。

――それはよかったです。今大会には日本選抜で、後輩も出場しています。
小林 知らなかったんですよ、私。あれ? いるわと思って(笑)。

――え? 今日、大分に来て知ったんですか?
小林 今日、来て知りました(笑)。

――どういうことですか(笑)。情報、遮断していたんですか(笑)。
小林 そんなことないんですけど。普通に、みんなともしゃべりますし。さっきもここで「ヤッホー」って言ったんですけど。出ていないと思ったんですよ。福井県で出ていないと思っていたので。でも、出ていたので楽しみが増えました。

――そこと当たれるように頑張ってください。
小林 そうですね。やりたいですね。最後の最後にえげつないのを決めてましたからね。対戦できるように、頑張りたいと思います。