プレミアリーグ 移籍

プレミア強豪クラブの選手獲得動向を「恋愛観」で例えてみた

写真提供: Gettyimages

「就活と恋愛は似ている」とよく言われるように、「クラブの選手獲得と恋愛も似ている」とつくづく考える。

選手を迎え入れるためのロジックや迎え入れてからの扱いなどは、各クラブによって様々で過去の選手獲得の事例を辿ると特徴がよく見えてくる。今回はそんな特徴的な選手獲得をするクラブを恋愛観で例えてみたのでご紹介したい。


ジョゼップ・グアルディオラ監督 写真提供:GettyImages

マンチェスター・シティ

突出したブランディングで恋愛をするタイプ

今シーズンこそプレミアリーグを制覇できなかったものの、ペップ・グアルディオラが率いるインテリジェンス性溢れたシティのブランド力は移籍を決定づけるきっかけになることだろう。若手もベテランも誰もがペップのチームでプレーしたいと強く思うはずだ。強く惹きつける何か独特な魅力は恋愛においては鬼に金棒である。


チェルシーが獲得を発表 チアゴ・シウバ 写真提供:Gettyimages

チェルシー

本命に一心の思いをぶつけるタイプ

過去にもこれだと決めたら否応なしに多額の移籍金を積み選手獲得につなげることから猪突猛進型の当たって砕けろタイプである。しかしながら手厚いアプローチが功を奏して数多くの名選手を迎え入れることができている。今夏のチェルシーの選手獲得は当たりに当たっており、不気味なチームに変貌を遂げることだろう。


ファビーニョ移籍時 写真提供:GettyImages

リバプール

誠実な恋愛を好むタイプ

マネーゲームで選手獲得レースを制する姿勢はあまりなく、選手を獲得する理由が他のクラブに比べてかなり論理的である。そんな誠実な姿勢は好印象を伺える。また獲得した後のフォローアップも見事で、昨シーズン獲得したファビーニョのパフォーマンスの上げ方はリバプールのチームビルディングの高さを感じさせる。

Previous
ページ 1 / 2

名前:秕タクオ

国籍:日本
趣味:サッカー、UNO、100均巡り
好きなチーム:プレミアクラブ全般、京都サンガ

サッカー観戦が日課のしがないサラリーマンです。プレミアリーグを中心に観戦を楽しんでます。

筆者記事一覧