CL/EL チャンピオンズリーグ

CL決勝ラウンドで大注目の若手5選。ホランドだけじゃない!

写真提供: Gettyimages

いよいよ日本時間19日にスタートしたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント。アトレティコ・マドリードがホームでリバプールを下し、ボルシア・ドルトムントが同じくホームでパリ・サンジェルマンを下した。

早速注目を集めたのが、ドルトムントのノルウェー代表FWエルリング・ブラウト・ホランド。19歳の新星はPSGを相手に2ゴールを記録。チームを勝利に導いた。

今シーズンのサッカー界で最も注目を集めていると言っても過言ではないホランド。しかし、今シーズンのCLでは、ホランド以外にも注目に値する若手選手が多い。今回はそんな5選手をご紹介する。


写真提供: Gettyimages

エルリング・ブラウト・ホランド

クラブ:ボルシア・ドルトムント

まずは、ホランドの活躍ぶりのおさらいから。今冬の移籍市場でドルトムントに加入した同選手は、すでに移籍後の6試合で10ゴールを記録。今シーズンのCLでは7試合で10ゴールを記録しており、ゴールペースは史上最速だ。

今シーズンのホランドは、クリスティアーノ・ロナウドが記録した1シーズン17得点というCL最多ゴール記録を更新する可能性がある。今後のCLでの活躍も要注目だ。


写真提供: Gettyimages

ティロ・ケーラー

クラブ:パリ・サンジェルマン

ホランドが所属するドルトムントと決勝トーナメント1回戦で激突したのがPSG。そのチームで注目すべきは若手はケーラーだ。キリアン・ムバッペが攻撃における若きキーマンだとすれば、ケーラーが守備における若きキーマンだ。

マルキーニョスの負傷により得たチャンスをものにしたケーラー。4バックの中で存在感を示すだけでなく、得点能力があることも示している。同選手は非常にプレーの幅が広く、マルキーニョス同様に守備的な中盤としても機能することができる。将来的に、実力派の選手として評価されるのは間違いないだろう。


写真提供: Gettyimages

リース・ジェームズ

クラブ:チェルシー

数多くの若手選手が躍動するチェルシーだが、今回は20歳のジェームズを推したい。高い攻撃能力を持つ右サイドバックで、その能力はリバプールのトレント・アレクサンダー=アーノルドと比較されているほどだ。

フランク・ランパード監督がジェームズを高く評価しているのは明らかだ。ジェームズを起用するために、アスピリクエタを左サイドでプレーさせている。難敵バイエルン・ミュンヘンとの1回戦でも、決定的な仕事をしてくれるだろうか。


写真提供:Gettyimages

ステーフェン・ベルフワイン

クラブ:トッテナム・ホットスパー

今冬の移籍市場でトッテナムに加入した新星が、22歳のベルフワインだ。オランダではリーグ戦16試合で5ゴール10アシストと、決定的な仕事をコンスタントにこなしてきた。

ベルフワインのスピードや技術といった能力は、もちろん注目に値する。ただ、トッテナムのチーム事情も彼にとっては追い風となり得るかもしれない。現在エースのハリー・ケインとソン・フンミンを負傷で欠いているトッテナム。ベルフワインにとっては、最高のアピールの場となるだろう。


写真提供: Gettyimages

ダニ・オルモ

クラブ:ライプツィヒ

ビッグクラブ以外から注目の若手選手を選ぶとすれば、21歳のオルモになるだろう。今冬の移籍市場でディナモ・ザグレブからライプツィヒに移籍。着実にキャリアアップを果たしている有望株だ。

オルモは自ら得点を生み出すことも、得点をアシストすることも高いレベルでこなすことができる。EURO2020予選ではスペイン代表にも選出された。マルタ代表戦でゴールも記録している。

ザグレブではマンチェスター・シティを相手に素晴らしいボレー・シュートを記録したオルモ。ライプツィヒでは、どのような活躍を見せてくれるだろうか。