セリエA インテル

コンテ監督とモーゼスがインテルで再会!信頼する選手を側に欲しがる指導者たち

ビクター・モーゼス 写真提供: Gettyimages

世界の一流映画監督が、信頼できる好みの俳優と組むケースはよく見られる。マーティン・スコセッシとロバート・デ・ニーロ、クエンティン・タランティーノとサミュエル・L・ジャクソン、過去にはフェデリコ・フェリーニとマルチェロ・マストロヤンニ。これらのコンビからは『レイジング・ブル(1981年)』『パルプ・フィクション(1994年)』『甘い生活(1960年)』といった名作映画が生まれてきた。

サッカーの世界でも同じだと思う。監督が信頼できる選手を見つけ、その選手を次のクラブにも連れて行きたいというケースはたくさんある。

最近の例としては3日前の2020年1月23日に、インテルがアントニオ・コンテ監督が求めていたビクター・モーゼスを、チェルシーから買取オプション付きのレンタルという形で獲得した。

モーゼスは、コンテがチェルシーの監督だった時(2016-2018)に彼の絶対的な信頼を得ており、プレミアリーグ戦でもチャンピオンズリーグ戦でもレギュラーの座を確保していた選手だ。しかしコンテ解任後は出場回数が一気に減り、2019年1月25日からはフェネルバフチェにレンタル移籍中であった。

このコラムでは、そんな監督たちと信頼されてきた選手たちの例をまとめてみたいと思います。

アントニオ・コンテ 写真提供: Gettyimages

コンテ監督の好みの選手

まず、コンテが絶対に側に欲しかった選手はモーゼスだけではない。これまでのキャリアの中で複数人いた。

これまでコンテに求められてきた選手は、技術のレベルはそれほど高くなくても彼が使う3-5-2というシステムをよく理解し、体力的にも根性的にも目立つタイプばかりです。

例えば、コンテがユベントスの監督をしていた時(2011-2014)にスタメンとして使われていたエマヌエレ・ジャッケリーニ(2011-2013)は、その後コンテがイタリア代表監督(2014-2016)になってから、高い確率で代表に選抜されるようになった。

同じく当時ユーベでプレーしていたクワドォー・アサモア(2012-2018)は、現在コンテが指揮するインテルでプレーしている。

Previous
ページ 1 / 2

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。よろしくお願いします。

筆者記事一覧