リーガ レアル・マドリード

ハメス、年内離脱の可能性が浮上…

ハメス・ロドリゲス 写真提供:Gettyimages

 レアル・マドリードのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの復帰が来年以降になる可能性が浮上しているようだ。19日、英メディア『スカイ・スポーツ』がスペインの報道を引用し伝えている。

 レアル・マドリードは18日、ハメスが左膝内側靭帯捻挫を負ったことを発表。もともと、筋肉に問題を抱えていたため先月22日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節のガラタサライ戦以降メンバーから外れていたが、軽傷ということもあり、今回の代表ウィークではコロンビア代表に招集されていたが、左膝を負傷してしまった。

 そんな中、同メディアによるとハメスは6週間離脱する可能性があるようで、今年中の復帰が難しいよう。12月18日に行われるバルセロナとの“エル・クラシコ”の欠場はもちろん、23日に行われる今年最後の試合、アスレティック・ビルバオ戦の出場の可能性も低いようだ。