セリエA 日本代表・海外組

中田英寿、イタリアでの大冒険(第1弾):ペルージャ編

写真提供:Gettyimages

背番号「7」であった中田の良いパーフォーマンスはその後の試合にも続く。シーズン中にレベルの高い技術、正確なアシスト、そして素晴らしいドリブルをどんな相手の前でも見せつけていた。ボールを持った時の中田英寿を止めるのはとても難しいことだった。知らず知らずのうちに日本代表のMFはペルージャの中心の選手になった。

様々なポジションをカバーしていて、割と自由に動いていた印象がある。中盤にポジションをとって試合をコントロールする場面もあったら、サイドに勝負をかけたりする場面もあった。しかし、私にとって彼の1番の特徴は賢さだった。彼は試合の流れを100%理解しているようにプレーをしていた。誰がどこに顔を出すことが最初からわかっていたのようにフォワードに適切なパスを回していた。DFの裏を通る彼の縦パスは世界のトップレベルだった。

写真提供: Gettyimages

1998/1999シーズン、ペルージャは第一であったセリエAに残留する目標を中田のおかげで見事に果たした。いきなり日本からイタリアに来て、セリエAのような難しいリーグに中田は10得点も決めた。誰の想像も超える話だったので、イタリア人は「中田はキャプテン翼の主人公、大空翼の後継者だ」と騒ぎ始めた。

みなさんは信じられないかもしれないが、キャプテン翼は日本よりイタリアの方に大人気だった。私たちは子供の頃に翼のドライブシュートや日向小次郎のタイガーショットなど、キャプテン翼のキャラクターのマネをして過ごしていた。「中田は翼のように」という話は「中田はとんでもなく強い選手として認めた」という意味を持つ。

前のシーズンに続き、1999/2000シーズンにも中田はパフォーマンスを落とさずにずっとプレーしていた。そして、たくさんのビッグクラブの注目を集めた。(つづく)

ページ 2 / 2

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

はじめまして、ダビデです。
14年前に来日したイタリア人で、フットボール・トライブの設立メンバーの一人です。6歳の時におじさんは初めてミランの練習に連れてってくれて、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターになりました。アビスパ福岡でイタリア語通訳として勤めた経験もあります。日本語は母国ではないので、たくさんミスするかもしれません。しかし、自分の言葉でコンテンツを書きたいです。日本語がおかしくても面白いコンテンツ保証します。
よろしくお願いします。