その他 セリエA

イタリアのサッカーは変わらなければなりません。そのためには…

写真提供: Gettyimages

みなさんがご存知の通り、この数年セリエのサッカーのクオリティーは下がってしまっている。イタリアで無敵のユベントスでさえ、チャンピオンズリーグになると、なかなか優勝に近づけない。イタリアのレジェンド選手が次々に引退して、イタリアが強かった時代の幻も残ってない。選手一人ひとりのクオリティーが下がったのが理由だと言われているが、それだけでしょうか?私はそう思いません。

今のセリエAは熱狂的なサポーターにしかフォローされてない。サポーターは権力がありすぎる。スタジアムもボロボロ。イタリア市民はスタジアムを安全な場所として感じなくなって、好きなチームをスタジアムで応援することをやめた。

写真提供:Studio Deloitte

上記のグラフのデータはこの問題をはっきり表す。イギイスは他のリーグを圧倒的に超えて、ヨーロッパのリーグの一番高い売り上げがある。イギリスのサッカー協会はプレミアリーグを国内的も国際的もうまくPRし、世界の注目を集めている。結果、スタジアムに足を運ぶ人も増えたし、テレビ局からの売り上げも毎年増加している。フーリガンの行動で恐怖に染まっていたプレミアリーグは遠い過去の話に感じさせられる。

イタリアは未だにリーグ売り上げランキング4位になっていますが、売り上げはプレミアの半分にもなってない。さらに、スタジアムがどこの国よりも賑わっていたイタリアの試合から発生する売り上げは他のヨーロッパのメインリーグより明らかに少ない。もちろんこれはスポンサーからの売り上げにも直接関わる問題にもなる。

サッカーのクオリティーもリーグの人気も下がっているイタリア…どうすればこの状況が良くなるのか?長期間のプロジェクトを考えるべきです。必要になるのは…


Previous
ページ 1 / 2

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

はじめまして、ダビデです。
14年前に来日したイタリア人で、フットボール・トライブの設立メンバーの一人です。6歳の時におじさんは初めてミランの練習に連れてってくれて、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターになりました。アビスパ福岡でイタリア語通訳として勤めた経験もあります。日本語は母国ではないので、たくさんミスするかもしれません。しかし、自分の言葉でコンテンツを書きたいです。日本語がおかしくても面白いコンテンツ保証します。
よろしくお願いします。