プレミアリーグ

平均身長は驚異の…プレミアリーグ、高身長イレブン!

写真提供: Gettyimages

アジリティに優れ、優れたポジショニングとトリッキーな動きで翻弄するウィンガーや、ディフェンダーとの駆け引きでゴールを奪う選手が増えたプレミアリーグ。マンチェスター・シティやリバプールといったクラブの選手は、特にそれが顕著だろう。

しかし、プレミアリーグにはまだまだフィジカルでの勝負を大きな武器にしている選手が少なくない。試合の決定的な部分が、セットプレーに左右されることも多い。

そこで今回は、プレミアリーグの高身長選手をイレブン形式でご紹介する。


写真提供: Gettyimages

GK:ロブレ・カリニッチ

所属クラブ:アストン・ビラ
身長:201cm

トム・ヒートンの加入により、出場機会を減らしたカリニッチ。今夏の移籍市場での退団が噂されたが残留している。

身長2m超えの大型GKだが、出場機会を得るには移籍するほかなさそうだ。


写真提供: Gettyimages

RB:サイモン・フランシス

所属クラブ:ボーンマス
身長:190cm

ヒザの負傷から復帰を目指すフランシス。昨シーズンのボクシングデーを最後にプレーできていないが、ボーンマスにとっては貴重な戦力。早期復帰が期待される。


写真提供: Gettyimages

CB:ヤニク・ベスターゴーア

所属クラブ:サウサンプトン
身長:199cm

昨シーズンの残留に大きく貢献したベスターゴーア。今シーズンも存在感は抜群だ。開幕から4試合連続でスタメン出場を果たし、マンチェスター・ユナイテッド戦では貴重な同点弾を挙げている。


Previous
ページ 1 / 3