リーガ レアル・マドリード

バルサを断りレアルに移籍した選手たち

 昨日、アイントラハト・フランクフルトのセルビア代表FWルカ・ヨビッチがレアル・マドリードへの移籍に合意した。

 そんなヨビッチはバルセロナからの関心も報じられ、実際にオファーを受けたことも父親が明かしている。

 そこで今回はバルセロナからのオファーを断り、マドリードへ移籍した一部の選手たちを紹介する。


デビット・ベッカム

移籍金:3500万ユーロ(約42億円)

2003年夏にマンチェスター・ユナイテッドからマドリードへ移籍したベッカム。同選手もバルセロナからのオファーがあったと報じられていたが、最終的にマドリード移籍を決断した。


カリム・ベンゼマ

移籍金:3500万ユーロ(約42億円)

2009年夏にリヨンからマドリードへ移籍したベンゼマもバルセロナからのオファーがあった選手の一人。バルセロナの他にもマンチェスター・ユナイテッドやインテル、ミランなどのクラブからのオファーがあったことも明かしている。


マルティン・ウーデゴール

移籍金:200万ユーロ(約2億5000万円)

ノルウェーの神童もバルセロナからのオファーがあったと伝えられている選手だ。2015年の冬に当時16歳という年齢でマドリードに加入している。


ダニーロ

移籍金:3150万ユーロ(約38億円)

2015年夏にポルトからマドリードへ移籍し、現在マンチェスター・シティに所属するダニーロ。バルセロナはマドリードより多額のオファーを提示したようだが、同選手はマドリードへの移籍を決断した。


テオ・エルナンデス

移籍金:2800万ユーロ(約34億円)

2017年にアトレティコ・マドリードに所属していながらマドリード移籍を決断したテオ・エルナンデス。バルセロナは年棒800万ユーロ(約10億円)を提示したようだが、マドリードへの移籍を決断した。


ダニ・セバージョス

移籍金:1650万ユーロ(約20億円)

2017年夏にレアル・ベティスからマドリードに移籍したセバージョス。バルセロナとの争奪戦が報じられ、本人がマドリード移籍を希望し実現した。


マルコ・アセンシオ

移籍金:500万ユーロ(約6億円)

2014年冬にマジョルカからマドリードへ移籍したアセンシオ。本人がバルセロナからのオファーを明かしていたが「マドリードのオファーの方が金銭面以外のことも含めると20倍良かった」と暴露し話題にもなった。