その他

【ウイイレ】マイクラブで猛威を振るうFP選手。実際の活躍度は?

「ウイニングイレブン2019」の人気モードmyclub。今作からはリーグ戦での活躍度に応じて能力が格段に向上した選手(FP)が毎週選出されていることで、過去作とは違った楽しみ方ができる。今回は、FP選手の中でも特に猛威を振るっている選手たちの実際の活躍をご紹介する。


ハキム・ツィエク

ウイイレ登録名:ハキム・ジヤシュ
クラブ:アヤックス・アムステルダム

これまでに2度FPとしてmyclubに登場したツィエク。初回登場時の能力がすさまじく、猛威を振るいまくっている。ドリブル、スピード、ボール奪取などMFに必要なすべての能力を高水準で備えており、いるいないでチームが大きく変わる。そんな彼は現実世界でも素晴らしい活躍を披露しており、エールディビジ12試合に出場し7ゴール、6アシストとチームの大黒柱だ。チャンピオンズリーグ(CL)でも2ゴール、1アシストの活躍を見せている。とはいえ、総合値が96を超える初回ツィエクはやりすぎた感が否めない。


フョードル・チャロフ

ウイイレ登録名:フェドル・チャロフ
クラブ:CSKAモスクワ

今作最強スーパーサブの呼び声高いチャロフ。高い決定力に加えて圧倒的なスピードを持っており、後半から出場されると恐ろしい。そんなチャロフは9ゴールでロシア・プレミアリーグの得点ランキングで首位に立っている。西村拓真も徐々に出場機会を得ているものの、ライバルは強大だ。


ピエトロ・ペッレグリ

ウイイレ登録名:ピエトロ・ペッレグリ
クラブ:モナコ

レベルが90まで上がることで、レベル最大時の能力がクリスティアーノ・ロナウドをも上回るペッレグリ。総合値は驚異の98(レベル最大時)で、スーパーサブまで持っているのだから強烈だ。ジェノア所属時代に16歳でドッピエッタ(2ゴール)を記録したことで一躍注目を集めたペッレグリだが、現在はモナコでチーム同様苦しんでいる。出場機会はほとんどないが、17歳なので無理もないだろう。これからの活躍に期待だ。


ロドリゴ

ウイイレ登録名:ホドリゴ
クラブ:サントス

こちらもペッレグリ同様レベル90まで上がるロドリゴ。ドリブル、ボールコントロール、スピード、瞬発力がカンストするモンスター選手だ。そんなロドリゴは今シーズン、リーグ戦35試合に出場し8ゴール3アシスト。18歳の選手としては申し分ないだろう。2019年夏にレアル・マドリード加入が内定している。


ルベン・ディアス

ウイイレ登録名:ルーベン・ディアス
クラブ:ベンフィカ

今作最強CBの呼び声が高いディアス。CBながらスピードが90を超え、ディフェンスセンス、ヘディング、ボール奪取も軒並み90オーバー。パスの能力も申し分なく、万能だ。そんなディアスはベンフィカで左右のCBを遜色なくこなしている。11試合のリーグ戦すべてに先発フル出場と、21歳ながらチームに欠かせない選手だ。攻守のバランスが取れたベンフィカのディフェンスをけん引している。