トッテナム チャンピオンズリーグ

トッテナム、オランダから来たPSVユニ着用の子供をスタッフが入場拒否

ウェンブリースタジアムで盛り上がるPSVサポーター 写真提供:GettyImages

 チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節・トッテナム・ホットスパー対PSVアイントフォーヘンでフットボーラーファンにとって悲しい出来事が起こったようだ。現地時間7日、イギリス紙『ミラー』がこれを伝えている。

 トッテナム・ホットスパーは同日にウェンブリースタジアムでPSVと対戦しているが、両親とともにオランダから訪れていた10歳の子供に対してスタジアムのセキュリティスタッフが入場を許可しなかったようだ。

 アウェイ側のチケットを購入することができず、ホーム側のエリアのチケットを手にしていた子供はPSVのユニフォームを着用しており、これが他の観客とのトラブルにつながる可能性があるとセキュリティスタッフは判断。両親は入場を許可するよう説得したものの、これを認めなかったようだ。

 結局、PSVファンの子供は家族とともにスタジアム近くのパブで試合を観戦するしか方法がなかった模様。父親はこの入場拒否に関して「悪者扱いされていてひどかった。私の息子こんなに泣いたのは初めて見た」と嘆いていたようだ。