ワールドカップ

【TRIBE RATINGS】W杯グループステージ 日本対セネガル:セネガル編

大会:ロシアワールドカップ
カード:日本対セネガル
対象チーム:セネガル
スコア:2-2
担当者:ペペ土屋( @PPDOLPHINS
※最高点を10、最低点を1として採点。標準的な活躍を6とする。
※出場時間が短い選手は採点なし。


カディム・エンディアイェ

採点:5.5

失点シーンは味方選手がブラインドになっていたように見えた。2失点目はまずい判断で飛び出し、ボールを触れずに失点を招いた。


ムサ・ワゲ

採点:6.5

失点シーンでは彼の裏側のスペースを使われ、そのあとの対応も悪く中央へ簡単にボールを折り返されてしまった。しかし決定的な2点目をゲットした。


サリフ・サネ

採点:5.5

圧倒的なフィジカルの強さでクロスボールやロングボールを跳ね返し続けた。攻撃面でもセットプレーで存在感を放った。しかし2失点目では場所にはいたもののブロックできず。


カリドゥ・クリバリ

採点:5.5

大迫への対応で少し苦戦する場面があったものの、戦術的にA.エンディアイエが消されたことで、ビルドアップの局面では彼への負担が増えた。その中で2失点目の場面ではサネとともに跳ね返すべきボールを跳ね返せず、得点を許した。


ユスフ・サバリ

採点:6.0

原口と酒井宏樹に苦しめられる場面があったものの、スピードを活かした攻撃参加でマネとともに2得点目を演出。しかし決定的な場面を作られるシーンも。


アルフレッド・エンディアイェ

採点:5.0

ビルドアップで重要な役割を担うはずの選手だったが、日本に戦術的に試合から消されてしまった。攻めあがるシーンもあったがチャンスを作ることは出来ず。


イドリッサ・ゲイェ

採点:6.0

インサイドハーフで出場し、特に前半は攻撃に安定感をもたらした。ボール奪取を得意とするが、この試合ではパスを供給する役割を担った。


パパ・アリウヌ・エンディアイェ

採点:6.0

豊富な運動量で中盤の汗かき役として活躍。先発に抜擢され、シュートを放ってゴールを脅かすなど攻守に存在感を示した。


イスマイラ・サール

採点:6.0

右サイドでスピードを活かした突破でチャンスを演出した。スキを見た飛び出しで乾のイエローカードを誘うなど、主にカウンターで力を発揮した。


エムベイェ・ニアン

採点:6.5

抜群のキープ力で攻撃の基点となり、左サイドに流れて時間を作った。惜しいシュートを放って川島の脅威となり、常に危険な存在であり続けた。2点目をアシスト。


サディオ・マネ

採点:7.0

1点目をゲットし、2得点目を演出したマネは、左のハーフスペースでボールを受けて日本にマークの受け渡しを難しくさせた。守備面での貢献度も非常に高かった。


シェイフ・クヤテ

採点:6.5

A.エンディアイエとの交代で後半途中から出場し、機動力を活かして中盤をソリッドにした。