ポーランド代表 ワールドカップ

日本と同組ポーランド、指揮官はコロンビアのハメスに言及も…

ポーランド代表のアダム・ナバウカ監督 写真提供:Getty Images

 日本代表とグループステージで同居しているポーランド代表のアダム・ナバウカ監督は日本時間25日未明に行われるワールドカップ・ロシア大会・グループステージ第2戦でコロンビアから勝ち点3を奪うことができると自信を示しているようだ。24日、スペイン紙『マルカ』がこれを伝えている。

 ポーランドは日本時間19日深夜に行われたセネガル戦で1-2と敗れているとともに、コロンビアも日本戦で勝ち点を獲得できていないため、両者にとってこの一戦はグループステージ突破に向けた大一番となるという見方が広まっている。

 その重要な一戦を翌日に控える中、ナバウカ監督は記者会見にて「セネガル戦では期待外れの出来だった。我々は試合後に怒りを覚えていたし、このコロンビア戦では違うレベルでのプレーを見せたい」とこの一戦にかける思いを語っている。

 また同監督は「非常に興味深い試合になるだろうし、我々は勝利できることを強く願っている」と語ると、コロンビアのバイエルン・ミュンヘンMFハメス・ロドリゲスについて「もちろん彼は重要な選手である。日本戦ではうまくやれていたし、本人も自信をつかんでいると思う。彼が100%のコンディションで我々との対戦に臨むことを期待している」とコメント。どうやら同選手が万全の状態であっても勝利できると自信を覗かせているようだ。

 なおポーランド代表は日本時間28日晩に日本とのグループステージ最終戦を控えている。ラウンド進出への望みを繋げるためにもこのコロンビア戦では絶対に勝利が必要となる。