ワールドカップ

今大会から導入のVAR判定。過去W杯で起きた衝撃的な誤審を振り返る

ロシアW杯からVAR(ビデオ・ アシスタント・レフェリー)判定を導入し話題となっている。そこで今回は過去W杯で起きた大誤審をご紹介。VARがあれば、このような悲劇は起きていなかったのかもしれない。


 

1978年

主審:クライブ・トーマス
対戦:ブラジル代表対スウェーデン代表

試合終了間際、ジーコがCKからヘディングでゴールネットを揺らした。しかし、ウェールズ出身の主審が試合終了後だったとしてゴールを認めず、物議を醸した。試合は1-1の引き分けに終わっている。


 

1982年

主審:チャールズ・コーバー
対戦:西ドイツ代表対フランス代表

西ドイツのGKハラルト・シューマッハーが、シュートを放とうとしていたフランス代表のパトリック・バチストンと交錯。バチストンは気絶し負傷退場を余儀なくされた。このシーンではPK、カードの提示どころか反則さえも取られることなく、ゴールキックから再開されている。明らかな誤審であり、この時代にVARが導入されていれば、間違いなくPKの判定が下されていただろう。


 

1986年

主審:アリ・ビン・ナセル
対戦:アルゼンチン代表対イングランド代表

史上最も有名な誤審の一つである「神の手」ゴールだ。同試合の主審を務めたアリ・ビン・ナセル氏は世界中から非難を浴びてしまった。当時、VAR判定が存在すれば悲劇は起きなかったかもしれない。


 

1990年

主審:エドガルド・コデサル・メンデス
対戦:アルゼンチン代表対西ドイツ代表

ドイツ代表ユルゲン・クリンスマンのオーバーリアクションにより、アルゼンチン代表モンソンが退場処分を受けるなど判定に疑問が残る決勝戦となった。また、勝負が決したのは西ドイツ代表アンドレアス・ブレーメのPKでの得点。VARがあれば「史上最低の決勝戦」は生まれなかったのかもしれない。


 

2002年

主審:バイロン・モレノ
対戦:韓国代表対イタリア代表

不可解なPK判定やトッティの退場処分、韓国代表の度重なるラフプレーは全て見逃され、得点はオフサイド判定によってもみ消された。VARがあれば、ここまでの試合操作は不可能であったはずだ。


 

2002年

主審:ガマル・ガンドゥール
対戦:韓国代表対スペイン代表

イタリア代表戦に続いて不可解な判定が目立った。大会中に国際サッカー連盟(FIFA)会長が異例の声明文を発表するなどの事態に発展している。


 

2006年

主審:グラハム・ポール
対戦:オーストラリア代表対クロアチア代表

日本代表と同組グループFの最終戦で珍事は起きた。グラハム・ポール主審はクロアチア代表ヨシプ・シムニッチに61分にイエローカード2枚目を提示したが、数え間違えにより退場処分を下さなかった。しかし、試合終了間際のタックルで、前代未聞のイエローカード3枚目を提示し、退場となった。


 

2010年

主審:ホルヘ・ラリオンダ
対戦:ドイツ代表対イングランド代表

ランパードのシュートがバーに当たり、跳ね返ったボールは数10センチもゴールラインの内側に入ったにもかかわらず、ウルグアイ人のラリオンダ主審はゴールを認めなかった。ゴールラインテクノロジーやVARなどを導入する契機となった試合だ。