ワールドカップ

クロアチア代表、ミラン所属FWカリニッチの代表追放を決断か。大会途中で帰国へ

クロアチア代表FWニコラ・カリニッチ写真提供:Getty Images

 クロアチア代表はセリエAのミランに所属するFWニコラ・カリニッチを代表から追放したようだ。英メディア『フットボール368』などが報じている。

 クロアチア代表は現地時間16日に行われたナイジェリア代表とのグループリーグ初戦で2-0と勝利。幸先の良いスタートをきった。しかし、同試合の終了間際に交代出場を告げられたカリニッチが、背中の張りを理由に出場を拒否。これにズラトコ・ダリッチ監督が激怒しているようだ。

 ズラトコ・ダリッチ監督は試合後のインタビューで「負傷者を出さずに試合を終えられたが、ひとつ問題があった」とコメント。クロアチアサッカー連盟から正式な発表はまだ行われていないが、18日にも代表追放が決定する見込みだと報じられている。