セリエA

W杯出場を逃したスターたち。イングランド代表に選ばれなかった11選手

開幕まで1ヵ月を切ったロシアワールドカップ(W杯)。出場する各国代表チームが続々とW杯へ向けたメンバーを発表している。今回は23人の最終メンバーをすでに発表したイングランド代表に選ばれなかったスター選手をご紹介する。

ジャック・ウィルシャー

クラブ:アーセナル
ポジション:MF

彼はアーセナルのために、今シーズンはコンスタントに貢献してきた。しかし、ガレス・サウスゲートが彼を呼ぶことはなかった。負傷のリスクを恐れているのだろうか。

ジョンジョ・シェルベイ

クラブ:ニューカッスル・ユナイテッド
ポジション:MF

彼の足から生まれるキラーパスはジェイミー・バーディやハリー・ケインといったストライカーの助けになるかもしれない。イングランド代表に創造性を与えることができるかもしれないが、サウスゲートはその可能性に目をつむっている。

アダム・ララーナ

クラブ:リバプール
ポジション:MF

シーズンのほとんどの試合を欠場し、12試合の出場にとどまったララーナ。経験豊富な選手だが、プレー時間の短さが懸念材料となった。

ライアン・セセニョン

クラブ:フラム
ポジション:DF、MF

10代ながら、16ゴール、7アシストと目覚ましい活躍を見せるセセニョン。サポーターからもロシアへ連れて行ってほしいという声が多く上がったが、実現することはなかった。

トム・ヒートン

クラブ:バーンリー
ポジション:GK

負傷によりシーズンの大半を欠場したヒートンはニック・ポープの陰に隠れるシーズンを送った。昨シーズンで10度のクリーンシートを達成するなど、決して悪いGKではない。

ジェームス・ターコウスキー

クラブ:バーンリー
ポジション:DF

今シーズン最もホットな選手の1人であるターコウスキー。彼はバーンリーの7位という成績に大きく貢献した。現在プレミアリーグで最も優秀なディフェンダーの1人と言っても過言ではないだろう。

マイケル・キーン

クラブ:エバートン
ポジション:DF

今シーズン、キーンはケガに苦しんだ。そうでなければより良いパフォーマンスを見せることができたはずだ。彼はプレミアリーグで最もエキサイティングなディフェンダーの1人でもある。

アレックス・オックスレイド=チェンバレン

クラブ:リバプール
ポジション:MF

今シーズン、ユルゲン・クロップの下でウィングバックではなく、インサイドハーフとしてプレーしたチェンバレン。8アシストを記録するなど、順調に順応を見せたが、負傷によりロシアを諦めなくてはいけなくなった。

ジョー・ゴメス

クラブ:リバプール
ポジション:DF

ゴメスがケガをしなければ、彼がトレント・アレクサンダー=アーノルドの代わりにロシアへの切符を掴んでいただろう。負傷するまで素晴らしいシーズンを送っていた。

ジャマール・ラスセルズ

クラブ:ニューカッスル・ユナイテッド
ポジション:DF

今シーズン、ニューカッスルのキャプテンは非常に上手くやった。すでにマンチェスター・ユナイテッドのようなビッグクラブの関心を集めている。しかし、代表に招集されることはなかった。

セオ・ウォルコット

クラブ:エバートン
ポジション:MF

エバートン移籍後から輝きを取り戻したウォルコットだったが、徐々にペースは落ちていった。ララーナに代わり、予備人員として呼ばれる可能性はあるだろう。

ジョー・ハート

クラブ:ウェストハム・ユナイテッド
ポジション:GK

彼にとって今シーズンは素晴らしいものではなかった。ウェストハムに移籍したことで、プレー時間が増え再びの代表招集に期待がかかったが、19試合で39ゴールを許した。