ヨーロッパリーグ プレミアリーグ

【TRIBE RATINGS 】EL準々決勝1stレグ アーセナル対CSKAモスクワ:アーセナル編

大会:ヨーロッパリーグ
カード:アーセナル対CSKAモスクワ
対象チーム:アーセナル
※最高点を10、最低点を1として採点。標準的な活躍は6とする。

ペトル・チェフ

採点:6.5

失点シーンはキッカーのゴロビンをほめるべきだろう。冷静な判断で攻撃につながるスローイングを見せるなどチームに貢献。セーブも3つ記録した。

エクトル・ベジェリン

採点:6.5

先制点をアシストするなど、いるべきところにいて攻撃面では大きく貢献した。しかし、自身の空けたスペースをムサに良いように使われ、対峙した際にも対処することはできなかった。

シュコドラン・ムスタフィ

採点:6.5

失点につながるファールを引き起こすクリアミスを犯した。失点直後は浮足立つ場面もあったが、試合内で修正。タイミングのいいプレスと読みでボールを奪取し、最終ラインで大きく貢献した。しかし、ムサに対しては苦しめられた。

ローラン・コシールニー

採点:6.0

失点につながるファールを犯してしまった。コシールニーレベルのDFならあの位置で、あの強さで競りに行けばファールになることは予見できただろう。しかし、その後は冷静さを取り戻し、がっちりと構えて安定感を与えた。

ナチョ・モンレアル

採点:6.5

攻撃参加のタイミングが良く、同サイドのムヒタリアンよりも目立っていた。守備面でも大きなミスを犯すことはなかった。エジルが左サイドでプレーするときは、より輝きを増していた。

グラニト・ジャカ

採点:7.0

ボール回しの中心として、どのエリアでも高いパス成功率を記録。良いタイミングでのインターセプトも記録した。最後の局面でのパスの精度も高かった。

アーロン・ラムジー

採点:8.0

ポジショニングの良さとオフ・ザ・ボールの動きでDFを剥がし2得点。あわや3点目かというシーンもあった。この試合の主役の1人だろう。

メスト・エジル

採点:8.0

ボールの配給役、ラストパサー、フィニシャー、すべてにおいて質が高く、常に相手にとって厄介なポジショニングを取り、創造性あふれるプレーでチームをけん引した。

ジャック・ウィルシャー

採点:6.0

捕まえにくいポジショニングを取り、先制点につながる動きを見せた。しかし、ラムジーほど目立つことはできず、74分にベンチに下がった。交代間際には集中力を欠いている場面もあった。

ヘンリク・ムヒタリアン

採点:6.0

悪いパフォーマンスではなかったが、他の選手に比べると存在感の薄い試合となった。負傷により大事をとって61分にベンチに下がった。

アレクサンドル・ラカゼット

採点:7.5

しっかりとPKを沈め、流れの中からも得点を決めた。序盤こそ存在感は薄かったが、右サイドに開く回数が増えてからは、より効果的に攻撃に絡んでいた。

アレックス・イウォビ

採点:6.5

タイミングの良い走り出しや、ドリブルでチャンスを演出。67分には蹴って気を迎えたが、ゴールには繋がらず。エジルと近いポジションでは良い関係性を見せた。

※モハメド・エルネニーとダニー・ウェルベックは出場時間が短いため採点対象外。