C・ロナウドがジダン監督に懇願。ベンゼマの代役はイスコではなくアセンシオと要求

レアル・マドリードに所属するクリスティアーノ・ロナウド 写真提供:Getty Images

 レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、同クラブを率いるジネディーヌ・ジダン監督に現在負傷離脱しているFWカリム・ベンゼマの代役をスペイン代表MFマルコ・アセンシオにして欲しいと要求したようだ。12日にイギリス『デイリー・エクスプレス』が報じた。

 全く思ったようなシーズンを過ごせていないレアル・マドリードは、現在リーガ・エスパニョーラで4位に沈んでおり、首位バルセロナに16もの勝ち点の差をつけられている。原因の1つには攻撃陣の不調が挙げられるが、特に今夏の移籍市場で昨季マドリードで最も効率よく得点を奪っていたスペイン代表FWアルバロ・モラタをチェルシーへと放出したのにもかかわらず、ストライカーを十分に補強を行わなかった。それが仇となり、現在ベンゼマが負傷離脱を強いられている関係で攻撃陣の層が非常に薄くなってしまっている。

 解決策としてベンゼマの代わりにジダン監督はスペイン代表MFイスコを起用しているが、C・ロナウドはそれを快く思っていないようだ。同選手はイスコではなく、シーズン開幕前に非常に強烈なインパクトを残したアセンシオを起用して欲しいと懇願したという。その理由の1つは、イスコが出場するとイスコにボールが集まりすぎてマドリードの攻撃のテンポが悪くなると感じているということのようだ。実はC・ロナウドは以前も同じような要求をジダン監督にしており、その結果セビージャを5-0で粉砕することに成功した。果たしてジダン監督は以前のように要求を受け入れてメンバー変更を行うのだろうか。今週末の対ビジャレアル戦でのメンバーに注目が集まる。