Other Editions

「あまりにも未熟なディフェンス」日本代表選手を子ども扱い。露呈した世界との圧倒的な実力差

「あまりにも未熟なディフェンス」日本代表選手を子ども扱い。露呈した世界との圧倒的な実力差 写真提供:Getty Images

著者:チアゴ・ボンテンポ
1985年生まれのブラジル人ジャーナリスト。サンパウロ在住。幼少期よりスポーツとりわけサッカーを愛する。大学時代にジャーナリズムを専攻し2011年よりブラジル『Globo Esporte』で日本サッカーを担当している。ブラジルのボタフォゴ、アーセナル、そして日本代表の熱烈なサポーターである。将来の夢は日本語を流暢に扱うこと、富士山登頂、Jリーグスタジアムを巡ること。
Twitter: @GunnerTNB

 ブラジルにとって練習試合のようだった。「イージー」という言葉がブラジルの多くのメディアで使われた。チッチ監督(ブラジル代表監督)はW杯南米予選でブラジル代表を首位で本選出場に導き、セレソンをロシアW杯の優勝候補にした。2014年のW杯でドイツ相手に7-1で敗北した最悪の歴史は既に過去のものになっている。

 しかし、チッチ監督は2010年のW杯や2014年のW杯の敗退の原因となった、ベンチにオプションが無いというドゥンガ、スコラーリが犯したミスを繰り返してはいけない。そのため当たり前に招集されるべきダニエウ・アウベス、ミランダ、マルキーニョス、パウリーニョ、そしてレナト・アウグストが出場せず、ダニーロ、チアゴ・シウバ、ジェメルソン、フェルナンジーニョ、ジュリアーノといった選手たちがネイマールらと試合に臨むことになった。

 チッチ監督はこれまでに出来なかったアジアのチームとの試合を臨んでいたが、日本が期待されたテストには物足りなかったことは明らかだった。2回の愚かなPK献上。ディフェンスでのミス。試合序盤での2失点。リールでのブラジル戦は試合開始20分以内で大勢決した。ブラジルにとって簡単すぎる試合だった。

 後半に入り、3点を奪われた日本は戦う姿勢を見せ始めた。それに比べてブラジルは練習試合のようにプレーしていたため、カッシオ、アレックス・サンドロ、レナト・アウグスト、タイソン、ドウグラス・コスタ、ディエゴ・ソウザと大幅な交代を行った後にはインテンシティも組織的な動きも失っていた。ラスト45分間で印象的な戦う姿勢を見せた選手は1人もいなかった。ただ1人、マンチェスター・シティの右サイドバック、ダニーロだけは本当に良いプレーを見せていた。

 試合後の討論のほとんどは、酒井宏樹のタイトなマークにより苛立ちを見せ、ネイマールが不必要なイエローカードを貰ったということを中心に展開された。彼が頻繁にイエローカードを貰うことと、退場についてが懸念事項だ。ブラジル人ジャーナリストたちはW杯で彼が出場停止処分を受けないか心配している。ネイマールは既に25歳だが、しばしば子供のような態度を見せることがある。

 ブラジル代表にとっての「本当のテスト」は火曜日(日本時間水曜日)に予定されているアウェーでのイングランド代表との親善試合だろう。イングランド代表有利とみられているその試合で、チッチ監督は全力を尽くすだろう。

< あわせて読みたい >
欧州XIvs南米XI、どっちが強い?
最新日本人ランキング「FIFA18Ratings」を一挙紹介
Jリーグで最も高給取りな選手は誰?

< Previous
Page 1 / 2