Other Editions

今夏ネイマール獲得のPSG会長、スイス検察の捜査対象に。W杯放映権を不当に操作か

パリ・サンジェルマンのナセル・アル・ケライフィ会長 写真提供:GettyImages

 スイス検察当局はパリ・サンジェルマンのナセル・アル・ケライフィ会長と元国際サッカー連盟(FIFA)事務局長のジェローム・バルク氏に対する捜査を開始したようだ。13日、スペイン『ムンド・デポルティーボ』が報じている。

 バルク氏は2018年から2030年までのFIFAワールドカップ4大会の放映権の不当販売を行っていた疑いが持たれている。またこのうち、2026年、2030年のワールドカップを巡っては、クラブ会長である傍らでカタール大手メディア『beIN Sports』のCEO(最高経営責任者)も務めているナセル・アル・ケライフィ氏が不当に放映権を獲得する代わりにバルク氏に多額の賄賂を渡していた可能性が指摘されている。

 バルク氏は2010年の南アフリカ大会、2014年のブラジル大会でチケット販売や放映権販売で不正を行ったとして2016年1月に事務局長を解任されており、今回、同氏の汚職疑惑に絡む形でPSG会長の名前が出てきた格好だ。
 
 

< あわせて読みたい >
イブラ、デ・ヘア、フィーゴ、中村俊輔、歯の問題…サッカー史、衝撃の移籍破談10選
JAPANブランドを胸に。サッカーの日本企業スポンサーユニフォーム14選
欧州サッカーvs米4大スポーツ。世界で最も資産価値が高いスポーツクラブ10選