日本代表 Jリーグ

カタールW杯へ!?E-1選手権で活躍したJリーガー5選

写真:Getty Images

7月19日から27日の日程で行われたEAFF E-1選手権の決勝ラウンド。国際Aマッチデーではない時期に開催され海外組を招集できないことから、サッカー日本代表にとって、従来と違うメンバーを試せる貴重な機会でもあった。

日本代表を率いる森保一監督は、Jリーグで上位を走る横浜F・マリノスやサンフレッチェ広島といったチームからメンバーの多くを選出。メンバーを入れ替えながら香港、中国、韓国を相手に3試合を戦い、2勝1分けで4大会ぶり2回目の優勝を果たしている。

ここでは、短期決戦のE-1選手権において、今後FIFAワールドカップ・カタール(カタールW杯)でのメンバー選出にも絡むであろう活躍をした選手5名を紹介していく。


名古屋グランパス FW相馬勇紀 写真:Getty Images

相馬勇紀(名古屋グランパス)

まずはE-1選手権の大会MVPにして得点ランキングも同率1位となったFW相馬勇紀。3試合で3得点2アシストとまさに大車輪の活躍で優勝に貢献。プレースキックでの得点や、左サイドの突破など明らかな違いを見せた。東アジアという限られた相手の中ではあったが、レベルの高さは海外組を入れても十分にメンバー入りの資格があると言えるだろう。

Jリーグでは、名古屋グランパスで左サイドの主力として活躍。2022シーズン得点は1アシストは0と、昨シーズン(得点2アシスト8)と比較すると少ない数字で推移しているが、ドリブル突破からのチャンスメイク能力が高いことに変わりはない。東京五輪でも森保監督からメンバーに選ばれており、信頼関係も申し分ない。攻撃陣は層も厚くハードルは高いが、9月に予定されるW杯前最後のテスト機会となる国際親善試合を生かせるか、今後のJリーグでの活躍にも大いに期待がかかる。


湘南ベルマーレ FW町野修斗 写真:Getty Images

町野修斗(湘南ベルマーレ)

E-1選手権では相馬と並び得点ランキング1位となったFW町野修斗。リーグ戦ここまでやや不本意な順位に落ち込む湘南ベルマーレにあって、チーム最多の8得点を上げている攻撃の要だ。現代表で同じポジションとなる大迫勇也や浅野拓磨といったFW陣の得点力がたびたび問題視されることもあり、カタールW杯はもちろん、その後の代表FW候補として期待という重圧のかかる中での初選出となった。

結果は3試合で3得点と、重圧を跳ね除け数字で応えた町野。もちろん海外組が入った際の連携面や経験においては、他の候補に比べて劣るのは確かだ。一方で、森保監督は東京五輪の際にバックアップメンバー林大地をスタメンに抜擢した前例もある。W杯に向けてサプライズを起こせる選手の1人として、Jリーグでの活躍に注目だ。

Previous
ページ 1 / 2

名前:Sくん
趣味:ゲーム(FIFAシリーズ・実況パワフルサッカー・Minecraft)
好きなチーム:Jリーグほぼ全て、リバプール

サッカー見るのが大好きなサラリーマンです。特にJリーグに関してはかなり熱狂的で、リーグ戦の視聴や結果確認はもちろんオフやシーズン中の移籍情報、各クラブの公式Twitterの確認ももやは生活の一部です。同じようなJリーグファンがいっぱい出てくるように、精一杯頑張ります!

筆者記事一覧