プレミアリーグ アーセナル

こんなはずじゃない…アーセナル入団を間違えたかもしれない選手たち

写真提供:Gettyimages

「あれっ?俺もしかしてくるとこ間違えた?」

ミケル・アルテタ監督にすべてを託したアーセナル。

昨シーズン同様2020/21シーズンも低調なスタートで、チャンピオンズリーグ争いではなく残留争いを繰り広げた時期もあったが、ブカヨ・サカ、ガブリエウ・マルティネッリ、エミール・スミス・ロウの若手有望株に2列目を一新してからリーグ戦3連勝を飾った。FAカップもニューカッスル相手に延長線の末何とか勝利を収め、3回戦突破を決めている。未だ綱渡りの状況であることは否めないが、2021年は何か違う姿を見せてくれるかもしれない。

新陳代謝が進むことは、一方でその影に隠れてしまった才能ある選手たちが存在することを意味する。特にチームの顔になるほどの功績を収めた実力者たちがアーセナル入団を機に信じられないほどパフォーマンスを落としてしまうケースは、他のクラブに比べて多い印象を抱かざるを得ない。そんな「もしかしたらアーセナル入団は間違いだったかもしれない選手たち」をご紹介したい。


ウィリアン 写真提供:GettyImages

ウィリアン

今シーズン長年所属したチェルシーからライバルクラブへ電撃移籍を果たしたウィリアン。同じロンドンを拠点とするライバルクラブへの移籍という非常に大きな決断をしたウィリアンだったが、アーセナルへ加入してからは明らかにパフォーマンスが落ちている。

チェルシー時代のようなサイドから仕掛けるあのキレはアーセナル加入後は鳴りを潜めており、低調なパフォーマンスの結果スタメンを奪われる始末だ。ウィリアンは精度の高いボールタッチからアシストだけでなくゴールも奪える点が魅力だが、今シーズンはゴールすらなく3アシストのみ。ここまで期待外れの評価をされても仕方ない。

ウィリアン自身、アーセナル入団をもしかすると後悔しているのかもしれない。30歳以上の選手には単年契約を提示することで有名なチェルシーから2年の契約延長のオファーを受けたようだが、3年という契約期間を提示されたアーセナルを選択した。きっと家庭や個人的な事情があっての判断だとは推察が立つが、仮にチェルシーに残留していれば今頃不調に陥るチェルシーの救世主になっていたかもしれない。15/16シーズンの時のようにチームが不調の状況でもウィリアンだけは高いパフォーマンスでチェルシーを支えていた勇敢な姿が今更ながら思い浮かぶ。若手にスタメンを塗り替えられた状況下でここからウィリアンはどのように立ち直れるのだろうか。

Previous
ページ 1 / 2

名前:秕タクオ

国籍:日本
趣味:サッカー、UNO、100均巡り
好きなチーム:プレミアクラブ全般、京都サンガ

サッカー観戦が日課のしがないサラリーマンです。かれこれ週末にはキルケニー片手にプレミアリーグやJリーグを中心に観戦をしております。10年くらい前から海外サッカーに没頭し、当時最先端だったフレッツ光プレミアムを経由しFMVで速報を見てました。バルセロナ時代のトゥーレ・ヤヤ、アーセナル時代のトマーシュ・ロシツキー、ウォルクスブルク時代のエディン・ジェコとグラフィッチのコンビ、トッテナム時代のギャレス・ベイルなんかがとても好きでした。まだまだ素人目線のサッカーバカですが少しでもお楽しみいただければ幸いです。

筆者記事一覧