ALL

新型コロナ規制中、最もSNSで稼いだのは?サッカー選手インスタ収入ランキング

写真提供: Gettyimages

今年は新型コロナウイルスの影響により、全てのスポーツのリーグや大会などが数ヶ月に渡って延期または中止となった。欧州では10月になって感染再拡大による規制の動きも再び見られ、不安定な状況は続きそうだ。

サッカー選手も給料カットなどを余儀なくされている中、自身の知名度を利用してSNS上で収入を確保しようとする者は多い。ではこの状況下のトップスター達は果たしてSNSでどれほど稼いでいるのだろうか。

今回は、あらゆるスポーツが完全に停止していた期間中(2020年3月〜5月)にインスタグラムを利用して最もお金を稼いだスポーツ選手(スペイン紙『AS』調査)の中から、現役中そして既に引退した6人のサッカー選手のランキングを紹介しよう。


6位:ダニエウ・アウベス

15万ユーロ(約1,865万円)

現在ブラジルのサンパウロ所属のDFダニエウ・アウベスは、インスタグラムで最も活躍している選手の一人としても知られており、フォロワーは毎日増加傾向にある。10月7日時点でのアウベスのインスタグラムのフォロワー数は3167万人。彼がリーグの停止期間中にインスタグラム上で稼いだ金額は、15万ユーロ(約1,865万円)とされている。


5位:ズラタン・イブラヒモビッチ

20.6万ユーロ(約2,564万円)

イタリアのミラン所属FWズラタン・イブラヒモビッチ。彼はヨーロッパで人気を集めているパデル(Padel:ラケットスポーツの一種)のコートを開設したことを発表するなど、様々な投稿でインスタグラムを利用している。10月7日時点でのフォロワー数は4464万人。リーグの停止期間中に稼いだ金額は20.6万ユーロ(約2,564万円)とされている。

Previous
ページ 1 / 3

名前:Larese Emanuele(ラレセ・エマヌエレ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、テニス、読書
好きなチーム:ASローマ、FC東京

16年前に来日したローマ出身のイタリア人です。SBヴァンサン・カンデラのユニフォームを貰い、ASローマのサポーターになりました。主に、翻訳と通訳を中心に活動しています。

筆者記事一覧