その他 MLS

グリーズマン、MLS移籍に前向きか…マイアミ移籍の可能性も…

アントワーヌ・グリーズマン 写真提供: Gettyimages

 バルセロナのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンはアメリカ、メジャーリーグサッカー(MLS)でのプレーを希望しているようだ。4日、米誌『ロサンゼルスタイムス』が伝えている。

 グリーズマンは2019年にアトレティコ・マドリードからバルセロナへと加入。しかし、すでに次の移籍先も計画しているようだ。

アントワーヌ・グリーズマン

「バルセロナでラ・リーガとチャンピオンズリーグを優勝することは夢であり目標だね。

 そのあとには何かしらの新たな目標が来るだろう。まずはカタールでのワールドカップだね。そのあとはMLSだ。

 どのクラブかはわからないけど、アメリカでプレーしたいんだ。キャリアの最後にアメリカでクラブの中心として活躍し、タイトルを獲得することは1つの目標なんだ」

 MLSではデビット・ベッカム氏が共同オーナーを務めるインテル・マイアミがビッグネームの獲得を狙っており、グリーズマンもその1人となるだろう。29歳のグリーズマンがMLSへと移籍するのはそう遠くない未来かもしれない。