リーガ 移籍

バルサ、23歳ラツィオDF獲得に46億円を用意?

ルイス・フェリペ 写真提供: Gettyimages

 バルセロナがラツィオのU-23ブラジル代表DFルイス・フェリペの獲得に動くようだ。20日、イタリアメディア『カルチョメルカート』が伝えている。

 今夏の移籍市場でセンターバックの獲得を目指しているバルセロナ。怪我の影響から満足のいく活躍が出来ていないフランス代表DFサミュエル・ユムティティ売却の噂や元スペイン代表DFジェラール・ピケが33歳を迎えたこともあり新勢力を迎え入れようとしている。そんな中、バルセロナはフェリペの獲得にも興味を持っているようだ。

 フェリペは現在23歳のセンターバックで今季は23試合に出場。東京オリンピックのブラジル代表候補にも浮上している若手有望株だ。そんな同選手の獲得にはバルセロナの他にもバイエルン・ミュンヘンからの関心が報じられている。

 バルセロナはライプツィヒのU-21フランス代表DFダヨ・ウパメカノの獲得にも関心を示しているようだが、果たして同クラブはセンターバックにどの選手を獲得しようとしているのだろうか。