Jリーグ

鳥栖、洗えるマスクを販売!記念ユニフォーム活用の企画も実施

サガン鳥栖のウィントス 写真提供:GettyImages

 10日、サガン鳥栖は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、洗えるマスクを販売することを発表した。

 鳥栖の発表によると、洗えるマスクは3種類でマスコット500枚、ターコイズ700枚、ホワイトが300枚だという。マスクは12日の11時に同クラブオンラインショップで販売し、価格は500円とのこと。そして、販売と加え、ファン・サポーターがマスクを作る「歴代記念配布ユニフォームでマスクをつくろう企画を実施するようだ。クラブが申込者にユニフォーム素材と作成手順例を送り、ファン・サポーター自身でマスクを作る企画だという。

 鳥栖は企画の実施にあたり、公式サイトで以下のコメントを掲載している。

サガン鳥栖

「いつも熱いご声援ありがとうございます。いま、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、世界中がこれまで経験したことのない困難と闘っています。日本国内での感染者数が増え、鳥栖市、佐賀県、九州におきましても非常に緊張した日々が続いています。サガン鳥栖は、サッカーを通して皆様に元気や勇気をお届け出来ないもどかしさを日々感じておりますが、こういう時だからこそ皆様と一緒になってこの困難に打ち克つために出来る事を実施していきます。

まず、はじめに「歴代記念配布ユニフォームでマスクをつくろう」企画を実施いたします。これまで駅前不動産スタジアムで着用した歴代の記念ユニフォームを再利用し、皆様に手作りマスクを作成し、是非ご活用いただきたいと思っております。また、「サガン鳥栖洗えるマスク」につきましては販売とさせていただきます。サガン鳥栖は、今後の状況を踏まえつつ「人づくり、まちづくり、夢づくり」という理念のもとに皆様と前進し続けます。We will never walk alone.またスタジアムで会える日は必ず来ます。共に乗り越えましょう。」

 新型コロナウイルスの影響で明治安田生命Jリーグは5月27日までの全ての試合を延期し、再開は未定となっている。一刻も早い終息を願うばかりだ。