セリエA ローマ

ポリターノとスピナッツォーラのトレード破談理由とダメージ

レオナルド・スピナッツォーラとマッテオ・ポリターノ 写真提供: Gettyimages

今月すでに決定したと思われていた2選手のトレードが、突然破談になった。インテルに所属するマッテオ・ポリターノがローマに移籍し、ローマに所属するレオナルド・スピナッツォーラがインテルに移籍するという選手トレードの話だ。

インテルとローマのクラブ間やり取りがうまくいかなかったせいで、2人の選手は難しい立場に追いやられ、苦しむことになっている。

しかし、両選手の移籍先でのメディカルチェックまで行われ、決定と言われたトレードが何故いきなり台無しになったのか?全てはインテルの急なリクエストから始まったという。

まず起きたことを詳しく見てみよう。

マッテオ・ポリターノ 写真提供: Gettyimages

取引開始から破談までの流れ

2020年1月14日。インテルとローマは、ポリターノとスピナッツォーラの「買い取り義務付きレンタル」のトレードに合意し、それぞれの選手は移籍するクラブに飛んで、メディカルチェックに挑んだ。

1月15日。ポリターノはローマでメディカルチェックを行い、特に問題がなかった。しかし、インテルはスピナッツォーラのメディカルチェックが終わってから、細かい理由を説明せずに追加の体力テストを求めた。さらに「買い取り義務付」のトレードから「買い取りオプション」への変更を求めた。通常では考えられないこのインテルの要求に対し、ローマは追加テストも契約変更も却下した。

1月16日。最初に両クラブが合意をしていた「買い取り義務付きレンタル」の話に戻り、それを成立させるためにスピナッツォーラの契約に出場回数に関するオプションを追加することになる。

ローマは、スピナッツォーラが出場時間に関係なく15試合以上に出ればインテルが買い取る義務を提示した。インテルは15試合の回数には合意したが、1試合あたりに少なくとも45分の出場を求めた。取引はますますややこしくなる。

1月17日。両クラブは解決方法を見つけられず、すでにメディカルチェックと引越しの準備を進めていた両選手を呼び戻し、それぞれ残留することとなった。そして、ローマはこの取引から生まれたスピナッツォーラのイメージダウンを理由にし、インテルを訴えることを考えている。

Previous
ページ 1 / 2

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。日本語は母国語ではないので、たくさんミスはあるかと思いますが、自分の言葉でコンテンツを書きたいです。よろしくお願いします。

筆者記事一覧