日本代表・海外組 海外日本人選手

バルサ育成部門SDが久保に言及「失うのはもったいない」

久保建英 写真提供: Laliga

 バルセロナの育成部門のパトリック・クライファートSD(スポーツ・ディレクター)が、マヨルカの日本代表MF久保建英に言及した。

 今夏の移籍市場でレアル・マドリードに加入した久保。同選手はバルセロナ下部組織出身ながら、同クラブが原則禁止とされている18歳未満の外国人選手を獲得したことにより退団を余儀なくされFC東京に入団した。その後、マドリードが獲得したという経緯だ。

 クライファートSDは久保を失ったことを残念に思っているようだ。以下のように語っている。

パトリック・クライファート

「選手がクラブを離れる時は、いつだってもったいないことだ。ただ、私は彼(久保)が選手として成功できることを願っている」