セリエA ユベントス

デ・リフトは、ユーベ移籍を後悔している!?

マタイス・デ・リフト 写真提供: Gettyimages

 アヤックスOBの元オランダ代表FWパトリック・クライファート氏が、ユベントスに移籍したオランダ代表DFマタイス・デ・リフトについて言及した。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じている。

  昨シーズン旋風を巻き起こしたアヤックス・アムステルダムの中心選手として、世界中にビッグクラブから注目を集めたデ・リフト。あらゆるクラブが移籍先の候補に挙げられたが、同選手はユベントスを移籍先に選んでいる。しかし、クライファート氏は、デ・リフトはユベントスへの移籍を後悔していると考えているようだ。

 クラブでも代表でもデ・リフトの大先輩にあたるクライファート氏は、以下のように語っている。

パトリック・クライファート

「私が個人的に、彼にバルセロナ移籍を勧めたということはないよ。バルセロナというクラブと街に、どのようなプラスの側面があるかを伝えただけだ。

 私たちは偉大なディフェンダーについて話しているが、最終的に決断を下したのは彼だ。彼は移籍を少し後悔していると思うけど、そういうものだよ。

 人生において、決断しなければいけないときがある。ときには良い選択、ときには悪い選択をするだろう。自身の選択から学んでいかなければならないんだよ」