セリエA ミラン

低迷するミランを率いた8人の監督。負のループはいつ終わる?

写真提供: milan.com

今月9日にマルコ・ジャンパオロ前監督を解任し、ステファノ・ピオリ監督の招聘を発表したミラン。最後にセリエA優勝を飾ってから、同監督が10人目の監督となった。

7回のチャンピオンズリーグ(CL)制覇など、かつてサッカー界の覇権を握ったミランだが、見る影もないのが現状だ。オーナーの変更など、様々なことが起きたここ数年だが、それでも上昇の兆しは見えてこない。

今回は、そんな低迷するミランを率いてきた8人の監督をご紹介する。


写真提供:Gettyimages

マッシミリアーノ・アッレグリ

就任期間:2009年6月25日~2014年1月13日

2009/2010シーズンからミランを率いたアッレグリ氏。初シーズンこそ3位に終わったものの、2010/2011シーズンにはイブラヒモビッチ、ロビーニョ、パトがそれぞれ14ゴールを記録するなどリーグ優勝を達成。続く2シーズンも2位、3位とタイトル争いを演じたが、2013/2014シーズンは前半戦終了時点で11位と不振にあえいだ。

シーズン終了後の退任が決定していたが、ベルルスコーニ会長の意向などもあり、シーズン途中の2014年1月13日にクラブから公式に解任の発表がされた。アシスタントコーチを務めていたマウロ・タソッティ氏がチームを引き継ぎ、その後セードルフ氏がシーズン終了までチームを率いた。最終順位は8位となり欧州カップ戦の出場権を逃し、近年長らく続いたミラン不在のCL、ELの初年度となった。


写真提供:Gettyimages

クラレンス・セードルフ

就任期間:2014年1月16日~2014年6月9日

アッレグリ前監督の退任を受け2013/2014シーズン途中にミラン監督に就任したセードルフ氏。クラブOBとしてチームの立て直しを期待されたが、思うような結果を残せず。このシーズンを8位で終えている。ELの出場権を獲得できなかったことから、6月9日に解任され、後任にはOBのフィリッポ・インザーギ氏が抜擢された。


写真提供:Gettyimages

フィリッポ・インザーギ

就任期間:2014年6月9日~2015年6月16日

セードルフ氏の解任を受けてミランのU-19チームを率いていたインザーギ氏がトップチームの監督に昇格する形で就任した。前シーズンの8位から、ジャンプアップすることが期待されていたが、終わってみれば10位と2年連続で欧州カップ戦の出場権を逃す結果となった。シーズン終了後には解任が発表され、後任には豊富な経験を持つシニシャ・ミハイロビッチ氏が抜擢された。インザーギ氏は2017年1月にイタリア国営放送『RAI』の番組に出演。「監督の仕事に口出ししない会長のほうが仕事がしやすい」と恨み節を述べていた。ベルルスコーニ氏の現場介入ぶりがよくわかるエピソードだろう。


写真提供:Gettyimages

シニシャ・ミハイロビッチ

就任期間:2015年6月16日~2016年4月12日

サンプドリアの監督を退任し、フリーとなっていたミハイロビッチ氏が2015年6月16日より、ミランの監督に就任した。しかし、2015/2016シーズンは序盤から不調が続き、1度は復調の兆しを見せたものの3月下旬からは勝利に見放された。4月9日に行われたユヴェントス戦に敗れたことでベルルスコーニ会長が解任を決断。下部組織を率いていたブロッキ氏が後を継いだ。このシーズンはリーグ戦7位と再び欧州カップ戦の出場権を逃すことにはなったが、コッパ・イタリアでは準優勝を勝ち取っている。


Previous
ページ 1 / 2