アジア 代表チーム

西野タイにとって重要なW杯2次予選目前。現地記者がタイ代表の未来を語る

写真提供: Gettyimages

西野監督が率いるタイ代表にとって、非常に重要な2つの試合が近づいている。2022ワールドカップのアジア予選第2次予選。9月5日に行われるベトナム代表戦と9月10日に行われるインドネシア代表戦だ。 西野監督はW杯2次予選に向けた33人のメンバーを発表した。

今回は現地タイで活動しているライターのオッブ・ディーワジン(フットボール・トライブ・タイ版編集長)そして、ジャン・チャンシチャオラ(フットボール・トライブ・英語版編集長)に質問形式でタイ代表の未来を語ってもらった。


スパナット・ムエアンタ 写真提供: BuriramUnitedFC

タイ代表に選ばれるべき選手、そして選ばれるべきではなかった選手は?

オッブ:僕はPTTラヨーンのアピワット・ペンプラコンにチャンスを与えるべきだと思ったね。 もちろん選ばれたバンコク・ユナイテッドのティーラテープ・ウィノータイ、そしてブリーラム・ユナイテッド所属17歳のスパナット・ムエアンタは素晴らしい選手だと思うけど。ただ、アピワットはクラブでトップストライカーとして起用されている。 ティーラテープはチョンブリーでもっとワイドなポジションで起用されているし、ストライカーとは言い難い選手だ。 スパナットは才能あふれる選手だけど、彼の技術に精神面が追い付いていない。 過度なプレッシャーで、その素晴らしいポテンシャルを削ることにならないといいけど。

ジャン:ポートのエリアス・ドラー(スウェーデン出身の長身選手)は選ばれるべきだったね。 このチームに入ってからキープレイヤーになり、タイリーグ屈指のDFの1人だよ。 タイ代表でスタメンの勝ち取るのは難しいかもしれないけど、33人のメンバーに選ばれなかったことはもったいない。 また、タイU-23代表チームのメンバー数人が合宿に参加していたけど、ウィサラット・イムラが選ばれなかったのは不思議だね。彼はバンコク・ユナイテッドで驚異的なスピードで力をつけている。


Previous
ページ 1 / 5