ブンデスリーガ リーガ

ウーデゴール、レバークーゼン移籍を切望か?

マルティン・ウーデゴール  写真提供:GettyImages

 レアル・マドリードのノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールがバイエル・レバークーゼンへの移籍を切望しているようだ。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 神童として名を馳せたウーデゴールは2015年にマドリードに加入。しかし、その後は度重なる負傷もあり本来のパフォーマンスを発揮することができない時期が続いていた。そんなウーデゴールは今季フィテッセにレンタル移籍。リーグ戦33試合に出場し、8ゴール9アシスト記録し、来シーズンもレンタルでほかのチームに行くことが有力視されている。

 そんな中、ボルシア・ドルトムントに移籍したドイツ代表MFユリアン・ブラントの後釜としてレバークーゼンがウーデゴールの獲得に興味を示していると報じられていた。

 同紙によると、ウーデゴールと父親はすでにドイツ入りしており、これから交渉に入るものとみられている。