ブンデスリーガ ボルシア・ドルトムント

ロッベン、レアル退団理由は「Cロナウドせいではない」

レアル・マドリード所属時代のアリエン・ロッベン  写真提供:Getty Images

 今シーズン限りでバイエルン・ミュンヘンを退団する元オランダ代表のアリエン・ロッベンがレアル・マドリードを退団した当時について語っている。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 2007年の夏にチェルシーからマドリードに移籍したロッベン。2009年夏にはバイエルン・ミュンヘンへ移籍することになった。

 そんなロッベンはマドリードを離れることになった理由を以下のように語っている。

アリエン・ロッベン

「会長交代で難しくなったと感じたよ。

私はそこで本当に快適だったし、とてもいいプレーもしていた。でも、クラブの方針が変わりチャンスがなくなった。

クリスティアーノ・ロナウドだけじゃなかった。フロレンティーノ・ペレス会長はカカとカリム・ベンゼマ、シャビ・アロンソも連れてきた。

クラブからは多くの資金を費やしたから売却する必要があると告げられたよ」