アジア 海外日本人選手

欧州で大活躍中。アジアをけん引するトッププレーヤー5選

記事提供元:SoccerSouls

アジアにおいて、本格的にサッカーが根強い人気を持ったきっかけに、日韓が合同で主催した2002年のワールドカップ(W杯)がある。韓国代表はベスト4まで勝ち進み、アジア圏の選手が欧州の舞台でプレーする機会の大きな扉を開けることに繋がった。パク・チソンは欧州でプレーしたアジア人の中でトップレベルの選手であり、多くのタイトルをマンチェスター・ユナイテッドで勝ち取った。現在でも、多くの選手が欧州の5大リーグでプレーしている。今回は、今現在ヨーロッパでプレーする5人のトッププレーヤーをご紹介する。


ソン・フンミン

国籍:韓国
クラブ:トッテナム・ホットスパー

バイエル・レバークーゼンで名を挙げたソンはトッテナムに加入して以降、例外的な活躍を見せている。彼はプレミアリーグの歴史において、アジア人アタッカーの中で最もクオリティの高い得点能力を有しており、母国では多くのタイトルを受賞している。

2018年にはアジア競技大会の優勝に大きく貢献し、中国紙『タイタン・スポーツ』が選ぶベスト・フットボーラー・イン・アジアでは最多となる4度の受賞に輝いている。時が経つにつれ、彼の輝きが増していくことに疑いの余地はない。


香川真司

国籍:日本
クラブ:ベシクタシュ

ユルゲン・クロップ監督の下、ボルシア・ドルトムントで2度リーグタイトルを掲げた香川は、ドルトムントのスター選手の1人だった。その後、マンチェスター・ユナイテッドに加入し、ドルトムント時代の輝きを放つことはできなかったが、プレミアリーグ優勝も経験している。

香川はゴールを見据えたクリエイティブさとタレントを兼ね添えたミッドフィールダーだ。現在はドルトムントからのレンタルという形でトルコのベシクタシュでプレーしている。すでに30歳を迎えてはいるが、彼は依然として独力で勝利を引き寄せる力を持っている。


武藤嘉紀

国籍:日本
クラブ:ニューカッスル・ユナイテッド

ソンのように多くのゴールを量産しているわけではないが、武藤はマグパイズに彼のsべてを与えている。26歳でマインツに加入するまでは、FC東京でプレー。マインツでは72試合で23ゴールと、しっかりと結果を残した。プレミアリーグでは未だ2ゴールの武藤だが、彼には多くの期待が寄せられている。


吉田麻也

国籍:日本
クラブ:サウサンプトン

吉田はディフェンス陣の中心としてプレーする、最もタフな選手の1人だ。2007年に名古屋グランパスでキャリアをスタートさせると、2010年にオランダのVVVフェンロに移籍。2012年にはオランダでの活躍により、プレミアリーグのサウサンプトンに移籍を決めた。

サウサンプトンで7シーズンを過ごした吉田は、トップレベルのリーグにおいても十分なパフォーマンスを見せることができると証明した。サウサンプトンで多くの優秀なCBとコンビを組んだ吉田。その中でも、30歳の彼は最も一貫性のあるプレーを見せている。


長谷部誠

国籍:日本
クラブ:アイントラハト・フランクフルト

30歳といえば、長谷部35歳となった今でもフランクフルトとともに戦い続けている。ニュルンベルク、ボルフスブルクで魅力を見せつけた長谷部は、フランクフルトでもその魅力を失っていない。長谷部はボルフスブルク、浦和レッズ、フランクフルトにおけるキャリアの中で、多くのトロフィーとともに多くの経験も積んできた。これからも彼のキャリアは続いていくだろう。

ブンデスリーガやプレミアリーグ、その他多くのリーグで若いアジア人が台頭してきている。ニール・エザリッジはカーディフ・シティで順調にキャリアを重ね、チョン・ウヨンもバイエルン・ミュンヘンでプレークの時を迎えようとしている。