マンチェスター・ユナイテッド パリ・サンジェルマン

イブラ、かつて所属していたマンU対PSG戦に向けて特論を披露!

ズラタン・イブラヒモビッチ 写真提供:Getty Images

 チャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦のマンチェスター・ユナイテッド対パリ・サンジェルマン戦に向けて、両クラブに所属した経験を持つ、ロサンゼルス・ギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが持論を語ってい。アメリカメディア『Fox Sports』が伝えている。

 マンチェスター・ユナイテッドに2年間、パリ・サンジェルマンに4年間、所属した経歴を持つイブラヒモビッチ。古巣同士の一戦に向けて、自身の予想を以下のように語っている。

◆ズラタン・イブラヒモビッチ

「少し前ならPSGが有利だと言えた。しかし、今はそれが難しい。

だが所属選手を見ると、やっぱりPSGが少し有利だと思う。だけど、どっちが勝っても俺が勝者だ。

つまり、どちらが勝とうが俺のチームはまだCLに残るということ。

だから俺はどちらが勝とうが構わない」