リーガ バレンシア

マンC、バルサ&PSGが狙うバレンシアの22歳MFの獲得に興味?

 マンチェスター・シティがバレンシアに所属するスペイン人MFカルロス・ソレールの獲得に興味を示しているようだ。スペイン紙『アス』が報じている。

 U-21スペイン代表MFブラヒム・ディアスをマドリードへ渡したシティ。同紙によると、新たにMFを補強する計画があり、ソレールの獲得に興味を持っているようだ。

 ソレールは中盤の複数ポジションをこなすユーティリティプレーヤーで年代別のスペイン代表にも召集されている。今季、バレンシアでは公式戦24試合に出場し、2ゴール5アシストを記録している。

 そんな、スペイン代表若手の逸材にはバルセロナとパリ・サンジェルマンがフランス代表MFアドリアン・ラビオの代替策としてリストアップしていると報じられている。

 しかし、バレンシアにソレールを放出する意思はなく、ソレールを獲得する場合は契約解除金8000万ユーロ(約100億円)を払わなくてはいけないようだ。